妻と娘とのラリーが夢だという水谷選手

写真拡大

 リオデジャネイロ五輪で大活躍した男子卓球の水谷隼選手(27才)。団体では銀メダル、個人では銅メダルを獲得。五輪での個人メダル獲得は、日本卓球界初の快挙だ。

 そんな水谷選手だが、「試合中はノーパン」発言も話題に。坂上忍(49才)が「CGみたい」と絶賛するほど、足を大きく振り上げてダイナミックにスマッシュを行うアクロバティックなプレーの数々に、ノーパンと知ってヒヤヒヤした人も多いのではないだろうか。

「ノーパンは母校・青森山田高校の伝統で、ぼくはもうパンツをはいたらプレーができない(笑い)。普段は男だけなんで『見えてるよ』『見せてるんだよ』なんて調子ですが、メディアや女子がいるとさすがに気を使います。実は試合中は短パンのウエストをちょっと折ってビチッとさせて、中が見えないようにガードしているんですよ(笑い)」(水谷選手、以下「」内同)

 続く男子団体決勝戦はさらに気合が入った。これまでに感じたことのない大きな期待と注目を背負っていたからだ。相手は絶対王者・中国。第2ゲームで水谷選手は、世界ランク3位の宿敵、許キン選手(26才)と戦った。

「国際大会ではいつも決勝で中国勢に負け、許キン選手には0勝12敗。この悔しさは1回勝ったぐらいじゃ足りないけど、五輪で勝てば帳消しにできると思っていた。それだけ、今回の五輪に賭けてもいた。だから絶対に、絶対にあの試合は勝ちたかったんです」

 マッチポイントを握られた最終ゲームで5点連続得点を生み、逆転大金星をもぎとった水谷選手。シングルス準決勝では「最後の1本がテレビで放映されるから、最高のプレーで」と考える余裕があったが、許キン戦では一転、「勝った瞬間、カメラのない方向へガッツポーズをして、背中しか映らなかった(笑い)」と誤算が生じるほど、目の前の試合に必死だった。

 ちなみに許キン選手に競り勝った直後の視聴率は23.4%を記録。リオ五輪の中継での最高視聴率、男子マラソンの23.7%に肉迫する盛り上がりを見せた。水谷選手の熱情は確かに日本にいる私たちのもとに届いた。

「『卓球は地味&根暗』は悔しいけれど、みんなの本音。特に五輪前にはそれが現実だったと思うんです。だけど決勝の大舞台で中国との1戦に勝てて、メダルをつかみ取れたことで卓球熱が一気に爆発して、みんなの脳裏に卓球が残ってくれる気がする。いつもは五輪と一緒に波も去ったけど、今回は一気にバーッと突き抜けた感があります」

 実際、じわじわと卓球人気に火がついている。全国45施設で卓球スクールを展開するミズノでは、体験教室に子供たちの姿が増えたという。

「子供だけでなく、けがが少なくひざや腰への負担が軽いため、卓球は中高年層のかたがたにも人気なんです。ランニングやテニスなど体力的にきついと思われる運動より、自分の体力に合わせて楽しめることも人気の理由です」(ミズノ広報宣伝部・石川貴之さん)

 今回、53才の現役選手(ルクセンブルク女子代表・ニシャリャン)がいたことでも話題になった卓球。選手人生は長い。

「40まではトップを張りたい。卓球をやっている時がいちばん幸せだし、『生きている』って実感できるんです。最近、2才の娘が卓球にちょっと興味を持ち始めたんです。それがとてもうれしい。妻も卓球部の後輩なので、家族3人でラリーをする日が待ち遠しいです」

※女性セブン2016年9月15日号