写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは9月1日、大規模データを蓄積・管理するデータウェアハウス(DWH)システムをクラウドサービスの「NEC Cloud IaaS」上に構築した「ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービス」を11月から販売を開始すると発表した。価格は税別で月額48万円〜、販売目標は今後3年間で100システムを計画している。

新サービスは、大規模データの高速分散処理を行い、データベース設計の自動チューニングが可能な「HPE Vertica(バーティカ)」(開発元:Hewlett Packard Enterprise)を用いたDWHシステムをNEC Cloud IaaS上に構築し、クラウドサービス(PaaS)型で提供する。

これにより、通常2カ月を要していたオンプレミス型の導入と比較し、短期間での構築を可能とし、初期投資も抑制するとしている。また、データ量の増大や処理性能の強化についてはNEC Cloud IaaSのセルフサービスポータルから仮想サーバ・ストレージなどを追加するだけで、事業環境の変化に対応するこができるという。

今回、クラウドサービス型で提供するDWHシステムは1TBの小規模分析データ容量からの導入が可能なため(従来は16TBから)、中堅・中小規模の企業や大企業の一部門によるDWHの活用を実現。さらに、従来のオンプレミス型のData Platform for Analyticsと同様のソフトウェアを用いるため、アーキテクチャの違いを意識することなくデータ移行が可能。

加えて、新サービスを提供するNECの神奈川データセンターはクラウドとハウジング環境を兼ね備えたハイブリッドデータセンターのため、10TBを超える大規模なDWHが必要になった際には、ハウジング環境に専用サーバを追加し、LAN接続でデータ連携も可能としている。

なお、同社は新サービスをSASやMicroStrategyといった分析ツールや、データサイエンティストによるデータ分析コンサルティングサービスと組み合わせて、トータルサービスとしても提供する。今後、顧客に対しての共同販売プロモーションや共同提案体制の構築に加え、専任技術者育成、Certificationの取得を推進していく考えだ。

(岩井 健太)