『日本の歴史(1)【電子特別版】 日本のはじまり 旧石器〜縄文・弥生〜古墳時代』(KADOKAWA)

写真拡大

 昔から子どもの教材としてある、「学習まんが」。しかし時代が進むにつれ学習まんがも進化し、カバーイラストに人気まんが家を起用したりと「今の子どもたちが求めるビジュアル」を重視したものになってきており、さまざまな出版社で続々と出版されている。

 その中でもKADOKAWAが2015年6月に創業70周年記念事業として刊行した、角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』(全15巻)は、発売からわずか1年足らずで累計200万部を突破する大ヒットとなっている。「人物」だけでなく「時代の大きな流れ」についても分かりやすいように構成されているため知識がより身につくことや、軽くて持ち運びやすいコンパクトサイズであることが人気のポイントだろう。そして何といっても、スタジオジブリの近藤勝也をはじめ、「ケロロ軍曹」の吉崎観音、「DEATH NOTE」の小畑健など、そうそうたるまんが家・イラストレーターがカバーイラストを手がけたことがヒットの要因だろう。

 そんな大人気シリーズの『日本の歴史』の電子特別版が、9月1日(木)より配信開始された。なんとこの特別版は記事ページを除いてまんがのみが収録されており、なんと一冊あたりの希望小売価格は通常版よりもオトクな590円(税別)。また、このタイミングに合わせて、(1)〜(5)、(6)〜(10)、(11)〜(15)の合本も配信される。まんがのみのシンプルな構成なので、子どもだけでなく、仕事にプライベートにと時間に追われがちな大人でもさくっと読めるのが便利。あの頃は勉強だからと嫌々覚えていた人もいるだろう。しかし大人になって改めて学んでみると、昔習った歴史から変わっている部分に驚いたり、新しい発見があったりするはず。また、子どもがいる人は一緒に読むことでひとつのコミュニケーションツールとして使えるだろう。「子ども向けのものでしょ?」と決めつけず、この機会にぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

<ラインナップ一覧>

日本の歴史(1)【電子特別版】日本のはじまり 旧石器〜縄文・弥生〜古墳時代
日本の歴史(2)【電子特別版】飛鳥朝廷と仏教 飛鳥〜奈良時代
日本の歴史(3)【電子特別版】雅なる平安貴族 平安時代前期
日本の歴史(4)【電子特別版】武士の目覚め 平安時代後期
日本の歴史(5)【電子特別版】いざ、鎌倉 鎌倉時代
日本の歴史(6)【電子特別版】二つの朝廷 南北朝〜室町時代前期
日本の歴史(7)【電子特別版】戦国大名の登場 室町時代中期〜戦国時代
日本の歴史(8)【電子特別版】天下統一の戦い 安土桃山時代
日本の歴史(9)【電子特別版】江戸幕府、始動 江戸時代前期
日本の歴史(10)【電子特別版】花咲く町人文化 江戸時代中期
日本の歴史(11)【電子特別版】黒船と開国 江戸時代後期
日本の歴史(12)【電子特別版】明治維新と新政府 明治時代前期
日本の歴史(13)【電子特別版】近代国家への道 明治時代後期
日本の歴史(14)【電子特別版】大正デモクラシー 大正〜昭和時代初期
日本の歴史(15)【電子特別版】戦争、そして現代へ 昭和時代〜平成
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 旧石器〜鎌倉時代【電子特別版 5冊 合本版】
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 南北朝〜江戸時代【電子特別版 5冊 合本版】
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 幕末〜現代【電子特別版 5冊 合本版】