Jタウンネットは2015年10月、三大美人ならぬ「日本三大不美人」について、資料を基に考察した。一般的には仙台(宮城)、水戸(茨城)、名古屋(愛知)の3都市を指すが、記事ではあくまで昭和に入ってから生まれたジョークだと結論づけている。

では、現代人のイメージは? Jタウン研究所では15年10月20日〜16年8月31日、「『不美人』が多そうな都道府県といえば?」をテーマにアンケートを実施。全国から2855票が集まった。はたして、その結果は――。

最下位は「秋田県」

不名誉なトップに輝いたのは、東京都(得票率10.3%)だった。以前の「美人が多いと思う都道府県」ランキングでは、5位の好成績だった東京。全国各地から人が集まるため、美人も不美人も大勢いるということか。



そこに続いたのは、愛知県(9.7%)と茨城県(8.6%)。実際の容姿がどうかはともかく、やはり「三大不美人」のイメージが定着していると思われる。以降は大阪府、千葉県、神奈川県、栃木県と続き、残るひとつの不美人県・宮城は8位に落ち着いた。

そして最下位は、秋田県(0.1%)。やはり「秋田美人」のイメージが強いようで、投票されたのは東京都からの3票のみだった。

東京への票は、主に関東から

地域別に見てみると、東西で投票行動の違いがわかる。東日本では「隣の県」がトップ得票となる例が多かったが、西では「自分の県」に入れた地域が多い。お隣さんに厳しい東日本、自虐的な西日本――ということができるだろうか。



また、東京都が「一番不美人が多そう」といっても、トップ得票だったのは12府県にとどまった。とくに関東地方では、45.7%の群馬県を皮切りに、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県と、全国平均を上回る結果となった。上京した際に、「意外と美人いないじゃん!」という感想を持ったのだろうか。なお例外として、茨城県は隣県の千葉県(33.3%)が最多得票だった。

とはいえ、冒頭に紹介した「日本三大不美人」と同様、こちらもあくまで投票者のイメージによるものなので、上位に入ってしまった都道府県の皆さん、なにとぞご勘弁を......。