ギブソン・アコースティックから待望の2017年モデルのラインアップが発表された。新商品群の中には、あらゆる演奏スタイルに対応するモダンなプレーヤーに向けたモデルに加え、ヴィンテージギターファンやコレクターに向けたモデルも含まれている。

image001 (2)

新しいラインアップとなるハイ・パフォーマンス・ラインは完全に新しい製品群となる。従来より親しまれているギブソン・サウンドと、新たな発想に基づいて生み出された演奏性の両方を兼ね備え、次世代のギブソン・サウンドを定義づけるモデルたちだ。ハイ・パフォーマンス・モデルの5モデルは、よりスムーズな演奏性を実現して、プレーヤーの演奏のポテンシャルをフルにサポートするアドヴァンスト・レスポンス・ネック・プロファイルを採用。

さらに、新たに採用された薄く仕上げられた胴厚は、トーンの微かなニュアンスやダイナミクスを生み出し、あらゆる演奏スタイルに適応する。この新たなボディ厚はこれまでより僅かにスリム化されているが、ギターのトーンについて一切の妥協はない。各5モデルはダヴテイル・ジョイント、ニトロ・セルロース・ラッカー・フィニッシュ、スキャロップト・ブレーシングにドームド・トップなど従来モデルと変わらない仕様をまとい、モンタナ工場にてハンドメイドにて生産される。

ギブソン・アコースティックは、これまで音楽史の幾つかのムーブメントで重要な役割をはたし、数多くのミュージシャン達に愛されてきた。従来の『J-45 Vintage』『Hummingbird Vintage』、今回再度デザインし直された『L-00 Vintage』に続き、キング・オブ・フラット・トップとして名高い『SJ-200 Vintage』が新たに加わる。より多くの伝説的なパフォーマーのステージを支え、ジャンボサイズのアコースティックギターの歴史の中でより多くのジャンルのアルバムで聴かれていたサウンドだ。

ヴィンテージ・ラインのギターはどれも良質なトーン・ウッドを用いてハンド・ビルトされている。ギブソンによるサーマリー・エイジド・ウッドをボディトップに、ヒストリカルなブレーシング・パターン、ヴィンテージギターの年代物に適応した弦巻き、ボーン・ナット、ボーン・サドルを採用。この機会にぜひ、2017ヴィンテージ・ラインを手にとり、伝説のプレーヤー達が選んだギターを感じ取っていただきたい。

HP415W front 

Gibson Acoustic HP 415 W 23万9000円

HP635W front
Gibson Acoustic HP 635 W 24万4000円

HP665SB front

Gibson Acoustic HP 665 SB 27万1000円


このほかに以下のモデルをラインアップ。『Gibson Acoustic HP 735 R』31万6000円、『Gibson Acoustic HP 835 Supreme』45万2000円、『Gibson Acoustic J-45 Cutaway』35万1000円、『Gibson Acoustic J-45 Rosewood Custom』41万7000円、『Gibson Acoustic SJ-200 Vintage』74万6000円、『Gibson Acoustic L-00 Vintage』53万1000円。

製品情報

http://www.gibson.com/Products/Acoustic-Instruments/2017.aspx 

文/編集部