【12万分の1秒】 超スーパースローで撮影された「ハンマーが鏡を破壊する瞬間」が美しすぎる!

写真拡大

自ら撮影した動画をネット上に公開して人々を楽しませるユーチューバー。そんなユーチューバーの中であらゆる現象をスローモーションで撮影し続けている話題の2人組がいる。

イギリス出身のその2人組のユーチューバーの名前は『The Slow Mo Guys』だ。今回はそんな2人が、12万分の1秒という脅威のスピードで撮影した、スローモーション映像をご紹介したい。

・ハンマーがミラーを破壊する瞬間を撮影

人気ユーチューバー「The Slow Mo Guys」の2人が今回新たに公開したのは、投げたハンマーが鏡を破壊する瞬間のスローモーション映像である。まず何よりもはじめに注目すべきは、スローモーションの撮影スピードだ。

ご存知の方も多いと思うが、テレビやDVDなどで見られる一般的な動画は1秒間に30コマの画像を連続して表示させることで動画として見えるようになっている。これを「30fps」と呼ぶ。

・iPhone6sのスローモーションは「1秒240コマ」

例えば、iPhone6sでいうと、1秒間に240コマの画像を撮影する「240fps」の撮影機能を備えている。この1秒240コマで撮影した画像をゆっくり連続させることによって見られる動画が、いわゆる「スローモーション映像」なのだ。

・動画の映像は脅威の「1秒12万コマ」

そして今回ご紹介するスローモーションのスピードは……な、なんと、「12万fps!」 つまり、1秒12万コマで撮影されたスローモーションなのである!! iPhone6sの240fpsと比較すれば、どれほど差があるかがおわかりいただけるだろう。

・美しい映像は一見の価値あり

前述の通り、動画ではハンマーが鏡に激突し粉々に飛び散っていく様子を、12万fpsで撮影された脅威のスローモーション映像で確認することができる。

鏡に稲妻のようなヒビが入り、やがてはその鏡が水しぶきのようにキラキラと光りながら飛び散ってゆく幻想的なシーンは一見の価値ありだ。普通では決して捉えることの出来ない驚くべき映像は、以下の動画でご確認あれ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る