ニコッと笑ったときに見える“歯”。歯並びや歯の色……、口の中って意外と見られていますよね。また、そこから清潔感の有無を判断されてしまうことも珍しくありません。そのため、近頃はデンタルケアに力を入れる方が増えてきました。

では、歯の延長線上にある“歯茎”はどうでしょうか。ほとんどの方が「何もケアしていない」と答えるのでは?

実は、歯茎もしっかりと見られている大事なパーツ。黒ずんでいては、「不健康そう」「清潔感がない」と思われてしまうことも……。今回は、歯茎をみるみる黒くするNG習慣について、お話していきたいと思います。

■1:力強い歯磨き

肌は摩擦でシミや色素沈着が起こりますが、歯茎も摩擦が刺激になります。その理由は、ゴシゴシ磨いたときの刺激がメラニン色素を分泌させるからです。その結果、黒ずんでくるのです。

歯磨きをする際は、鉛筆を持つように握り、優しくブラッシングしましょう。さらに、硬めの歯ブラシより、柔らかい歯ブラシを使用することをオススメします。

■2:口呼吸

「それも?」と思うかもしれませんが、口呼吸も歯茎の黒ずみの原因になります。それは、空気が直接歯茎に触れ続けることに対する防御反応で、メラニン色素の沈着が始まるからです。

口呼吸から鼻呼吸へとシフトし、普段から鼻が詰まりやすい方は、耳鼻科を受診してみるなど対策をしましょう。

■3:飲み物・食べ物からの着色

歯の着色と同じように、歯茎の着色も飲み物・食べ物など口にする物から影響を受けます。タバコはもちろん、コーヒーや紅茶、ワイン、カレー、ソースなどは着色しやすいと言われているので、特に注意が必要です。

摂取後はうがいをしたり、歯と歯茎を軽くブラッシングしたりして、着色を防ぎましょう。

■4:差し歯や人工歯の影響

差し歯や人工歯を使用している方に多いのが、根元の黒ずみ。これは、人工歯に含まれる金属の影響で起こると言われています。

気になる方は、金属を使用しないセラミック歯に変えてみるのもオススメです。

■5:生活習慣の乱れ

睡眠不足だったり、食生活が乱れていたりすると、顔色が悪くなるように歯茎の色も悪くなりがちです。

健康のバロメーターとして毎朝、歯磨きの際に歯茎の色もチェックしてみましょう。もし、色が悪いようなら、生活習慣を改善すると良いでしょう。

その他にも、歯周病が原因の黒ずみや赤みもあるので、「あれ?」と思ったら歯科を受診することをオススメします。健康的なピンクの歯茎で、笑顔をもっと魅力的にしていきましょう。

【関連記事】

朝コーヒーも玄米も…ダメ?医師断言「ヘルシー食品」の危険な落とし穴