猫ひろし

写真拡大 (全5枚)

広島県が1日、動物のネコを絡めた観光プロモーション「広島キャットストリートビュー 竹原編」の発表会を、都内で開催。昨年に公開した、その新サービスが人気を博したことから、勢いに乗って第2弾のコンテンツ「竹原編」をスタートさせた。

このサービスは、広島県の路地裏など、隠れた魅力を紹介するために開発されたもの。特長は、世界初となるネコ視点のストリートビューであることだ。

関係者の説明によると「1作目(広島・尾道編が)は、公開1週間で132万ページビューを記録。米国をはじめとする海外からのアクセスもあって、注目を集めた」との報告が聞けた。

そして会場では、出来たばかりの新作…「竹原編」のモニターとして、カンボジアから凱旋来日中のタレント・猫ひろしが登場。「今日の1日、"猫ひろしま"に改名します」と笑顔をふりまいて、挨拶。合計27匹を画面上で探しながら、同時に街を探索できるコンテンツを楽しんでいた。

今回は、広島県竹原市を対象にした作品。"安芸の小京都"として観光人気が高まるスポットに焦点をあてていた。

なお、今月30日まで、ストリートビュー内の全てのネコを集めると、オリジナルTシャツが抽選で当たる「竹原ネコさがしキャンペーン」も開催されている。

▼ 「広島キャットストリートビュー 竹原編」より

スタート画面


▼ 「広島キャットストリートビュー 竹原編」より

トップ画面


▼ 「広島キャットストリートビュー 竹原編」より

2匹目のネコが出現したところ


▼ 「広島CAT STREET VIEW 竹原編」コンセプトムービー


▼ 「広島CAT STREET VIEW 竹原編」記者発表会にて

猫ひろし


■関連リンク
広島CAT STREET VIEW -- 竹原編 --