サイドを上手く使えていたとは言い難い。相手の視線を変えられなければ、いくらショートパスをつないでも中央突破は厳しいだろう。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全4枚)

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選の初戦、UAE戦は勝利が絶対条件の試合だった。それだけに残念しか言葉が出てこない。日本は相手にかなり分析されていたと思う。中央でショートパスをつないでシュートを狙う。だが、相手の選手は一切飛び込んでこなかったうえに、シュートコースにはしっかり身体を寄せていた。

【W杯最終予選PHOTO】日本 1-2 UAE|本田の先制ゴールも痛恨の逆転負け…
 
 序盤で特長を掴まれていると感じたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も選手たちも試合を進めながら素早く修正を施さなければいけなかった。それに、両SBの酒井宏樹と酒井高徳が攻め上がった時に、なぜそこを上手く使えなかったのか疑問だね。
 
 日本は、UAEが守備を固めている中央でボールを動かすだけだから、相手の身体の向きを変えられない。つまりはDFの視野の中でしかプレーしていなかったことになる。これでは相手はすぐに慣れてしまう。日本はUAEにディフェンスリズムを作らせる手伝いをしてしまったんだ。
 
 本田圭佑や清武弘嗣にボールが渡った時に、攻撃参加した両SBにサイドチェンジしてピッチの幅を広く使う。そういったボールの散らしが必要だった。一発でクロスを上げなくてもいいんだ。それなら再びサイドを変えて、相手を左右に揺さぶって、走らせて、首を振らせて、身体の向きを変えさせる。そこまでするから、中央突破はより効果的になる。
 
 サイドと中央の、連動したコンビネーションが見られなかったのが、今日のゲームの課題だろう。もっともっと徹底してサイドを使うべきだった。そうしないとディフェンスにギャップは生まれない。どちらかだけでは不十分。相手は守備に人数を割いた分厚い守備をどう破るかって話になるんだよ。
 
 まるでザックジャパン時代に戻ったようだった。自分たちのサッカーに固執し過ぎて、ボールを回しているのでなく、回させられている。W酒井を上手に使えなかったのは、信用していないからだろうか。もし内田篤人や長友佑都があのポジションにいたら、シンプルにパスしていたんじゃないかな。
 後半は相手の足が止まったから、W酒井の攻撃回数はより増えた。クロスの精度は低かったけど、だとすれば、浅野拓磨と交代させるのは岡崎でなく香川だった。何度もクロスを入れるのであれば、1トップではペナルティエリア内の人数が足りない。
 
 香川は中央の狭いエリアで足もとにボールを受けて、コンビネーションで崩すタイプ。ヘディングで相手CBに勝てるとは思えない。だとすれば、ヘディングの強い岡崎と浅野の2トップにするべき。クロスのコースをふたつ作ってあげれば良かったんだ。
 
 前半から香川も清武もボールを触れないで消えている時間帯が多かった。だから、なおのこと、選手交代には「違うんじゃないか」と思った。最終的には監督が判断すべきことだけどね。
 
 あとは、ベタ引きの相手をどう引き出すかの工夫もほしかった。ペナルティアークにマイナスのクロスを入れて、そこからシュートを打つ。そうすれば相手DFは前に出ざるをえない状況になる。そこで、近い選手とのワンツーが効いてくる。
 
 サイドと中央の話を最初にしたけど、ここでも同じ。クロスをニアとファーだけでなく、マイナスにも入れる。これで相手はあるエリアに密集できなくなる。そして、その先ではシュートとパスを選択肢として相手に示しておく。これが大切なんだ。
 
 最後に言っておくが、浅野のシュートは入っていた。GKが必死に掻き出したけど、どう見てもゴールだった。でも、それに文句を言ってどうなる。ビデオ判定は採用されておらず、レフェリーが入ってないと判断したなら、入ってないんだ。
 
 これは宇佐美貴史が倒されたシーンも同じだ。PKにならなかったが、これも「仕方ない」。もちろん、ジャッジにかなりの不満はある。大島は足が引っ掛かってファウルを取られて、PKとなった。なら、宇佐美の場面もそうだろうと。
 
 繰り返すが、レフェリーが認めないとゴールにもファウルにもならない。ジャッジミスを含めてサッカーなんだから、終わった後でグジグジと文句を言っても意味がない。
 
 とにかく、これで次の試合は勝利が必須になった。中4日しかなく、アウェーで、しかも暑さもある。コンディション調整がなにより大事になる。気持ちを切り替えて、メンタルとフィジカルをきっちり回復させるのが最優先だ。それができれば絶対に勝てる。勝点3を取って、今回の敗戦を払拭してほしい。