ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大 (全2枚)

日本はワールドカップ・アジア3次予選の初戦を最悪の結果で終えました。でも、「誤審で負けた」のではありません。

確かに判定についてはいろいろ言いたいこともあったでしょう。どうしてアレがFKなのか、どうしてあれがPKじゃないのか、そしてなぜあのゴールが認められないのか――。

ですが、ではそれ以外で日本が試合をすべて支配していたのでしょうか? 何度も入らなければおかしいような決定機をつくっていたのでしょうか。そうではなかったのです。

UAE戦で一番試合をコントロールしていたのは、香川真司でも本田圭佑でもありませんでした。UAEの10番、オマル・アブドゥルラフマンのほうが存在感を示していました。オマルがボールを持つと、一気にUAEのスイッチが入っていたのがよくわかりました。

ですが日本はどうだったでしょう。局面では存在感があっても、試合全体をコントロールできていなかったのです。

しかも今回はホームゲーム。アウェイではもっと厳しい戦いになるでしょう。ですから、日本が負けたのは「誤審」が原因なのではなく、日本の力不足なのです。残念ですが、それが現実だと認識して残りの試合を戦わないと、余計に厳しい状況に追い込まれると思います。

次の対戦相手、タイは僕も何度か取材に訪れています。サッカーは盛り上がりますし、個人技に優れ、スピードのある選手がいます。決して侮れない相手です。

日本はどのチームに対しても「格上」ではありません。それをしっかり認識しないと、ワールドカップへの道は閉ざされる。この痛い敗戦が、その辛い事実を教えてくれたと思います。「誤審」のせいにして目を背けてはいけません。

▼ ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

(撮影:岸本勉/PICSPORT)