あなたの「苦手な上司」はどんな人?タイプ別対策方法3パターン

写真拡大

苦手な上司がいるだけで、職場に行くのがユーウツになりますよね。

友達と違って会社の人間関係は選べないからこそ、ウマの合わない上司が直属になるとゲンナリ感もひとしお……、ではないでしょうか!?

でも、「合わない!」「嫌い!」と思っているだけでは仕事に支障も出そうですから、オトナなビジネスウーマンなら上手に攻略していくしかないもの。攻略法を知っていれば、グッと接しやすくなりますよね。

そこで今回は、20代から権謀術数な場所に市議として身を置いていた筆者が、苦手な上司のタイプ別対策方法を3つご紹介していきましょう。

あなたの苦手な上司は、どんなタイプでしょうか!?

■タイプ1:怒鳴る不機嫌になるなど“怒りをあらわにする系”

ちょっと気に入らないことがあると怒鳴ったり、部下のミスに厳しく常に怒っているなど怒りをあらわにするタイプが上司だと、正直疲れますよね。

常に顔色を見てビクビクしながら接しているという人もいるのではないでしょうか?

怒りをあらわにするタイプは感情の起伏が激しいけれども、思っていることが表面に出てくれるので判りやすい性格でもありますよね。

怒ってばかりの上司には、“おだて作戦”で対処するのも効果的。「さすが、●●さん(上司)は違いますね」など褒めて立てることで、気分良くさせてしまうんです!

褒められてイヤな気分になる人間は少ないので、怒っていた感情は何処へやら。怒りも静まって平穏な空気を取り戻しやすくなります。

■タイプ2:無口でネガティブなオーラがあって話しにくい“根暗系”

無口で何を考えているのかわからない人が上司だと、どうやって会話をすればいいのか悩んじゃいますよね。

何か会話をしてもネガティブな返事ばかり返ってくると、正直なところ業務報告をするのですらユーウツになるものです。

無口でネガティブな性格の人が上司なのであれば、まずは盛り上がる会話の糸口を見つけて素の面を引き出しておきたいところ。趣味や食べ物などから好みを見つけ出し、盛り上がる会話を探っておきましょう。

例えば、上司が卵かけ御飯が好きそうなら「●●さんは、卵かけ御飯をどうやって食べますか? 先に白身をゴハンにのせます? それとも、ぐちゃぐちゃに混ぜてからかけますか?」などと会話を広げてみて。

無口で何を考えているのかわからない上司でも、世間話ができる仲になれればグッと会話をしやすくなるはず。

■タイプ3:今日と明日では言うことがコロコロ変わる“カメレオン系”

昨日はAだと言ったくせに今日はBだと言われてしまったら、部下としてはどう動いていいのかわからなくなりますよね。

カメレオンのようにコロコロと指示が変わるタイプの上司は、気分屋であるケースも多々ありがち。

ビジネスシーンで気分屋の気分に付き合っているわけにはいきませんから、ここはビシッと指摘をするのがベターです。

ただし、ひとりで立ち向かうのはハードルが高いため、同僚を味方につけ「●●さん、昨日Aだって言いましたよ。ですよね?」などと同意してくれる人をそばに置きつつビシッと指摘をしてしまいましょう!

即座に同意してくれる人がいることで、上司だって認めざるをえない空気を作っちゃうんです。

何度かこれを繰り返すうちに、気分屋のカメレオン上司も反省してくれて発言をコロコロ変える回数が減っていくはずです。

以上、苦手な上司のタイプ別対策方法を3つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

苦手な上司と上手に気分良く付き合っていくためには、相手の性格を探り親睦の糸口を探るのがポイントです。いやな気分で接しても人間関係にも仕事にもいい結果は出にくいので、ある意味“攻略”しちゃうのがベスト。

「苦手!」と思っているだけでは関係が改善しないので、賢く対応していい関係を築いていきたいですよね。

あなたは、どんな上司に苦手感を抱いていますか?