週末スタイルの師匠見つけた。カロリーヌ・ド・メグレのゆるさ見習う

写真拡大

もうすぐ週末! っていう気分になると見たくなるのが、Caroline de Maigret(カロリーヌ・ド・メグレ)のInstagram。

ゆるいスタイルの師匠・カロリーヌの場合

生粋のパリジェンヌであるカロリーヌのくだけたゆるいスタイルは、しあわせそうな週末の空気にあふれています。

自宅のベランダで日光浴。うとうとして眠ってしまったってOK。

気のおけない女友だちとお茶するなら、笑える話がなによりも大切。

友だちを家に呼んで、ふざけた動画を撮りあいたい!

お洒落も気合いを入れたくないなら、いつものTシャツ×デニムにロングのコートをはおってお出かけ。

たまには都会を抜け出して、自然を感じたい。無造作すぎるヘアスタイルだって気にしない。

大好きな彼とのデートも、デニムのオールインワンで肩の力を全力で抜いちゃう。

もちろんベッドから一歩も動きたくない週末だってある。むしろ、ベッドから一歩も動かなくていいのが週末の特権。

都会で生きてるからこそ、ゆるさが欲しくなる

カロリーヌは、ニューヨークへわたり、シャネルやクリスチャン・ディオールなどそうそうたるブランドのモデルとして活躍。その後モデルを引退し、パリに戻って音楽レーベルを設立します。

その後、カール・ラガーフェルドからの熱烈なラブコールをうけ、再びシャネルのモデルとして復帰しました。

彼女を知ったのは、一冊の本でした。世界中からあこがれの眼差しで見られがちなパリジェンヌの本当のところを書いた『パリジェンヌのつくりかた』(早川書房)です。

カロリーヌと古くからの友人3人で作り上げたこの本には、完璧じゃないし、大雑把だし、いつも誠実に生きてるわけでもない等身大のパリジェンヌの姿が描かれています。でもそれと同時に、話はおもしろっくて、好奇心は旺盛、人生の楽しみ方を知っているパリジェンヌも描かれています。

この本とカロリーヌのInstagramを見ていると、自然体で無理しない自分をさらけ出す、そのことがしあわせそうな空気を生み出しているのかも、と感じました。

なにかとあくせくしてしまいがちな都会での日々。週末くらいゆるく自分のペースで過ごしていいはず。

写真/Getty images 文/ダーシー