名刀を擬人化した“刀剣男士”を収集・強化していく育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞」。10月からはアニメ『刀剣乱舞-花丸-』も放送開始予定で、さらに人気が高まっていきそうだ。

 現在Twitter上では、とうらぶファンにはたまらないアイテムが話題となっている。

 投稿者がこの夏の自由研究として制作していたのは、日本刀の個人年表ならぬ「個刃年表」の豆本。

 現在、今剣(いまつるぎ)と岩融(いわとおし)、石切丸(いしきりまる)、三日月宗近(みかづきむねちか)、小狐丸(こぎつねまる)の5札の豆本が完成しているようだ。

 各キャラクターのイメージカラーで飾られた表紙が、とうらぶファンにはたまらないデザイン!

 刀工や刃の長さなど詳細な情報がまとめられているが、豆本なので手のひらに収まるコンパクトサイズだ。

 投稿者は、20振り分ほど仕上がったら、まとめてコンビニプリントを使って配本したいとのこと。しかし、まだまだ調べたいことがあり、完成にはしばらく時間がかかるそう。できあがりを手にする日が待ち遠しい…!

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら