秋葉原・裏通りのラーメン屋「東京らあめんタワー 秋葉原電気街店」が8月31日で閉店

写真拡大

ドスパラパーツ館となりのラーメン屋「東京らあめんタワー 秋葉原電気街店」が8月31日(水)をもって閉店となった。


「東京らあめんタワー」は、秋葉原に本店を構える九州系とんこつラーメン屋「九州じゃんがら」の系列店で、秋葉原電気街店(※神田明神下店より店名変更)は、芝大門本店に続く2つ目の店舗。

元ダレに甘露醤油を使用した「醤油らあめん」や、東京の味噌を練り上げた「江戸甘みそらあめん」などのラーメンを提供していた。同店は2015年12月18日のオープンから約8か月ほどで閉店となる。

また、閉店の告知によると「今後は、浜松町の芝大門本店をご利用ください(一部取り扱いメニューが異なるため、詳細はHPを確認して下さい)」とのこと。


>> 秋葉原・裏通りのラーメン屋「東京らあめんタワー 秋葉原電気街店」が8月31日で閉店 の元記事はこちら