米国の人口調査機関がこのほど、2050年の世界人口は、現在の74億人より33%多い99億人に達するとする予測を発表した。写真は地球儀。

写真拡大

米国の人口調査機関がこのほど、2050年の世界人口は、現在の74億人より33%多い99億人に達するとする予測を発表した。参考消息が伝えた。

キューバの通信社「Prensa Latina」の報道によると、同機関の責任者が「世界の出生率は低下しているが、予想人口はペースを速めながら増加の一途をたどっており、2053年には世界人口が100億人に達する」と予想した。

報道によると、人口が減少すると予測されている国は42カ国で、それらの国は主にアジアやラテンアメリカ、欧州に位置する。そのうち、中国の人口は3400万人減少すると予測されている。

一方で、アフリカのナイジェリアなど、出生率が最も高い国の人口は、現在の3倍以上になると予測されている。

報道によると、ラテンアメリカの人口は、2億2300万人増加にとどまり、アジアは約9億人増加すると予測されている。また、オーストラリアやニュージーランドを含むオセアニアは4000万人から6600万人に増加すると予測されている。(提供/人民網日本語版・編集KN)