千葉県の老人ホームで集団食中毒により97歳女性が死亡 O157が検出

ざっくり言うと

  • 千葉県の老人ホームで1日、39人の集団食中毒があったと発表された
  • 下痢などの症状を訴えた39人のうち、97歳の女性ひとりが死亡し、3人が重症
  • 患者からは、腸管出血性大腸菌O157が検出されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング