月額645円のデータSIMなのに通話もできる!楽天モバイルの新サービス

写真拡大

MVNO市場において、2016年の調査ではシェア1位を獲得している「楽天モバイル」。そんな同社が、050で始まるIP電話が使えるSIMカード「050データSIM powered by Viber」を9月下旬から提供すると発表しました。月額料金はなんと645円(税別)。とにかくお得なプランなんです!

[関連記事]格安SIMに向く人、キャリアプランに向く人の見分け方

データSIMなのに電話番号が持てる!

「050データSIM powered by Viber」は、これまでのデータSIM(SMS付き)と同じ月額645円で、050から始まるIP電話番号が使える新プラン。


050番号の発着信には、楽天グループのViber Mediaが提供しているIP電話サービス「Viber」のアプリを利用します。着信時の通話料金は無料で、Viberのアプリが自動で立ち上がる仕組みです。


携帯電話や固定電話などViber以外への発信にも対応しており、Viberが用意する外線発信サービス「Viber Out」を利用します。発信時には050番号を発信者番号として通知できるのが特徴です。

現在、Viber Outは無料で使えるトライアル期間中で、無料トライアルの終了日は未定です。無料トライアル中のViber Out通話は10分間で通話が切断されるものの、タダというのは大きいですね。

 

LINEの外線発信サービスとの違いは?

通常の通話料は、8月30日12時時点の為替レートでは、固定電話宛てが1分当たり3.06円(非課税)、携帯電話宛てが1分当たり10.01円(非課税)となっています。

LINEの提供する外線発信サービス「Line Out」と比較すると、

料金が安い番号通知が可能一般電話からの着信に対応

というのが大きな違いです。

 

10GBプランでも月額2380円で利用可能


各プランの料金は、通信速度が200Kbpsに制限される「ベーシックプラン」が月額645円、速度制限はないが容量制限がある「3.1GBプラン」が月額1020円、「5GBプラン」が月額1570円、「10GBプラン」が月額2380円となっています。従来のプランから新プランに切り替えるには、解約と再契約が必要なので注意してくださいね。

楽天 執行役員 通信&エナジーカンパニー 楽天モバイル事業 事業長の大尾嘉宏人氏は、同社の「楽天でんわ」などの通話サービスとの棲み分けを聞かれると、「050データSIMは、2台目の端末や、フィーチャーフォンのユーザーがデータ通信でスマートフォンを試しに利用してみる場合などに向いている」と話していました。

楽天 執行役員 通信&エナジーカンパニー 楽天モバイル事業 事業長の大尾嘉宏人氏 楽天 執行役員 通信&エナジーカンパニー 楽天モバイル事業 事業長の大尾嘉宏人氏

 

9月5日に発表されると見られている「LINEモバイル」の登場を機に、MVNO市場はより賑わいを見せるはず。シェア1位になった楽天モバイルの今後の動きにも注目です!

 

[関連記事]
格安SIMで「ポケモンGO」はあり? なし?

【格安スマホの超基本 杠さら聞けない「格安SIM」って何?

知ると得する!格安SIMに向く人、向かない人の見分け方

(文/今西絢美)

いまにしあやみ/エディター、ライター いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。