「無料情報」と聞くと、お得だとばかりに条件反射のように飛びついていませんか? メールアドレスの登録程度で済む話だし、それならば有料より無料の方がいいと思った方、ちょっと待って下さい。無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』では、たとえ中身が同じだとしても、有料と無料との間には、決して埋められない「大きな違い」があると断言しています。

投資の階段〜有料と無料の違い〜

今日は自己投資をする上で重要な「無料情報と有料情報の違い」をテーマにお伝えします§^。^§。

あなたは有益な情報を入手する時、躊躇せずにお金を支払う事ができるでしょうか?

まず世の中に溢れている無料情報とは、受け取る時にはお得感を感じても結局は宝の持ち腐れになることが多いものです(このメルマガしかりですね)。

例えばあなたが過去に参加できなかった10万円のセミナーがあったとして、そのセミナー動画を無料で受け取れたとします。するとその時は「超ラッキー! ダウンロードして繰り返し見よう!」と思っても、結局繰り返し見る事も無ければ自分の糧になる事もありません。それよりお金を払ってセミナーに通い、講師と空間を共有したほうがその中身が自分の中に入って来ます。特にその核となる情報については。

これはお金持ちのおじさんからタダで貰った高級バッグには価値も愛着も感じられないのに、苦労して貯めたお金で手に入れた場合は価値が高く感じられるのと一緒です(変な例えですが)。つまり無料情報とは、与える側に立った時にこそ強力に働きますが、それを受け取る側は一瞬お得感を感じても、結局は一番非効率な物だったりします。

では何故このような事が起こるのか。無料情報は役に立たないのか? それはこの世に「等価交換の法則」があるからです。上記のセミナー内容であれ、サービスや商品であれ、それらを分解すれば「情報の塊」です。だから等価交換の法則に従いその情報を受け取る為には、受け取る側は何かを差し出さなければいけないんですね。

本来どんな無料情報も、お金の代わりにメルアドやアンケートを差し出して入手しています。ですがそれらは自分にとって「どうでもいいもの」だったりするので、情報は得てもその中身は自分の中に流入してきません。

この点その交換対象がお金であれば、それに見合う情報が自分に流入してきます。お金という自分自身の時間を削って入手した身代わりを相手に渡す事で、情報の核と自分が共振するわけですね。「無料情報と有料情報の違い」とはまさにこの等価交換の法則による、情報が自分の中に流入する際の「浸み渡り方」の違いにあります。その情報がどんなに良い情報で価値があっても、それを無料で受け取るかぎりはその核心部分をほとんど受取れないということを覚悟しないといけません。

無料とはその情報の希少性を無くし価値を下げます。よって自己投資をする際にはこの二つの使い分けが大事で、無料情報はジャブのように感触を確かめる為に使い、見極めが出来たらストレートを放つようにお金を支払う(有料情報へアクセスする)。

特に独学にこだわる人に多いのですが、無料情報で身の回りを固めていると一見お得のように感じても、大幅に時間をロスしている可能性があるんですね。

image by: Shutterstock

 

『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』

あなたの人生に富と成功をもたらす5つの要素を「お金・健康・人間関係・ビジネススキル・幸運」のカテゴリーに分けた「5つのタネ」として日刊で無料配信中です! 特に若手サラリーマンやOL、はたまた学生の皆さまのにとって必須の人生スキルをお届けしています!!

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!