キャプテン長谷部が日本代表通算100試合出場! デビューから10年目の快挙

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の初戦が1日に行われ、日本代表はUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦する。この試合でスタメンに名を連ねたMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が国際Aマッチ通算100試合出場を達成した。

 2006年2月10日のアメリカ戦で代表デビューを果たした長谷部は、6月7日に行われたキリンカップ決勝のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦で通算出場数を99試合に伸ばしていた。

 これまで100試合出場の大台に達したのは、岡崎慎司(レスター/イングランド)、遠藤保仁(ガンバ大阪)、井原正巳(現アビスパ福岡監督)、川口能活(SC相模原)、中澤佑二(横浜F・マリノス)の5人のみ。長谷部はデビューから10年目で史上6人目の快挙達成となった。