DF昌子源が日本代表を負傷離脱…追加招集のDF植田直通はUAE戦からベンチ入りへ

写真拡大

▽日本サッカー協会は1日、日本代表メンバーに招集されていたDF昌子源(鹿島アントラーズ)の負傷離脱に伴い、DF植田直通(同)を追加招集したことを発表した。

▽なお、植田は埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦が開催される本日1日よりチームに合流する。

▽昌子は左内転筋に違和感を訴え、UAE戦に向けた前日練習で別メニュー調整。練習後のミックスゾーンでは、「大事を取って休ませてもらった」と軽傷をアピールしていた。

▽植田はクラブを通じてコメント。「今回、追加という形での招集となりましたが、W杯最終予選を戦う日本代表に加わる事ができてうれしく思います。いつ招集されてもいいように体も気持ちも準備はしていました。五輪が不甲斐ない結果で終わってしまい、次の目標をW杯に切換えていました。その目標を達成するためにチームの力になり、予選突破を実現したいと思います」と初のA代表招集を喜ぶとともに、リオ五輪の悔しさを晴らしたいと語った。