“掃除で運が良くなる”は本当?検証したら意外なことが判明!

写真拡大 (全2枚)

掃除や断捨離が流行っていますが、その大きな理由は「運が良くなるから」。
本屋さんに行けば掃除にまつわる本や断捨離でつかむ幸せの本など、様々な種類の掃除と運にまつわる本が置かれているほどです。

そこで「掃除で運が良くなる」ということを検証してみました。
実際どんな効果があるのか気になりますし、自分も運が良くなりたいからという、なんとも不純な動機で検証を始めることにしました。

掃除・断捨離で本当に運は良くなるのか?

実際にどのような掃除方法を試したかについてお伝えします。
各種効果のある項目ごとに一つずつ掃除方法を試してみました。

1)金運アップといわれているトイレ掃除
金運アップで有名なのがトイレ掃除です。
便器をピカピカに磨くのはもちろんのこと、壁や床まで拭き掃除をするのがコツです。
トイレは狭いですし、掃除をするのにそんなに労力を使わないので毎日夜に掃除をしました。

2)美容運アップといわれている鏡の拭き掃除
美しくありたいなら美しく見えるように掃除をしなさいと良く言われたものですが、鏡というのは美容運アップに効果的だそうです。
常々美しくなりたいと願っていますので、念入りに拭き掃除をしました。
意外にも汚れているもので、拭き上げた後は見違えるほど美しくなります。

3)健康運アップのお風呂掃除
お風呂は日々の疲れを取るからでしょうか、浴室の掃除は健康に効果があるとされています。
最近の体力のなさや不定愁訴の悩みを解消すべく、浴室の掃除も検証に入れてみました。
毎日はきついので2〜3日に一回、お風呂上りに目地や排水溝を念入りに掃除しました。

4)幸運がやってくるといわれている玄関掃除
幸運は玄関から入ってくるそうです。
そして汚くしていると不幸も一緒に入ってくるとのことです。
これを聞いては、ほぉっておけない!ということで、玄関掃除も毎日しました。

掃くだけで終わりではなく、たたきの拭き掃除もすると良いとの情報を得ましたので、毎日たたきの拭き掃除もしました。
これは掃除ではありませんが、風水的に盛り塩をすると厄除けになるとのことで、一週間に一度盛り塩の交換もプラスしました。

実際に掃除・断捨離でこんな効果がありました!

さて、このような検証を一か月行いました。
単刀直入に言いますと、効果抜群です。
掃除の威力凄いです!

まず、昇給しました。当時は、入社して一度も昇給のない職場だったのですが(それもそれでどうなんだという職場ですが)奇跡的に掃除を始めた後に昇給の話が出て、見事収入アップという効果を得ることが出来ました。

次に、不眠症を解消することが出来ました。
浴室の掃除を始めて2週間くらいたって気が付いたのですが、朝まで目が覚めずに寝れているのです。
今まで寝つきも悪ければ、中途覚醒で2回ほど目が覚めていた自分にとっては、快挙と言うしかないほどの効果です。

他にも人間関係の幅が広がって、今まで知りえなかった業界の人と知り合えたり、友人から偶然もらった化粧水が自分にすごく合って、肌の調子が整ったり効果は沢山ありました。

自分の中でも掃除をすることで変化したものがあるのではないかと思い、周囲の自分に対する扱いや態度を注意してみてみることにしました。

どうして運が良くなるの?

周囲の様子や態度を注意深く観察してみると、どうして掃除をすると運が良くなるのかが、わかってきました。
それは、自分の中に余裕が生まれて穏やかな自分になれているからです。
要するに掃除をすると「性格が良くなる」のです。

その証拠に、職場での昇給の話は掃除をする前のカツカツした余裕のない生活の時には一度も起こらなかったことです。
人間関係の幅が広がったことも、肌の調子が良くなった化粧水を友人がくれたのも、自分の変化によって周りの自分に対する扱いや態度が変化したからです。

自分に余裕のない時には相手にも優しくできません。
自分の家がきれいですっきりしていると、他にも目を向けることが出来ますし、自分の余裕から相手に優しくできます。
人との関わりが変わってくると運も変わってくる、そして運が良くなるという訳です。

何の気なしに検証してみた「掃除」と「運」の関係についてですが、ただ掃除をして運が良くなるのではなく、自分の性格が良くなったために運が良くなることが、身をもってわかりました。
自分は性格ブスだなぁと思っている人は、まずはトイレ掃除からでもやってみてください。
絶対性格が良くなりますよ!
もちろん運もよくなりますのでお楽しみに!

yurichannelプロフィール


yurichannel
文章が好きというだけでライターを始めたアラサー女子。読書が何よりも好きで、文章にふれているときが一番幸せな時間。読者のみなさんにタメになる記事を執筆できるよう日々勉強する毎日。

Written by yurichannel