ヤフオクに出品!1円でも高く売るための8つのコツとは?

写真拡大

断捨離によって出てきた要らないものってどうしていますか­ リサイクル店に買い取ってもらうのもいいけれど、物によっては二束三文にしかならないことも…。思い入れがある品ならなおのこと、納得いく値段で買い取ってほしいと思って当然です。

­

というわけで今回、ヤフオク(ネットオークション)に出品したことのある既婚女性100人に、トラブルなく、できるだけ高く、スムーズに売るコツを教えてもらいました。
1.誠意が一番!買い手に安心感を与える
傷や汚れがあっても、隠したりウソをつくのはご法度。あらかじめきちんと申告しておけばトラブルを防げます。

­

・「使用年数はもちろん、買った時の値段や、自分が感じているメリット&デメリットなどは正直に伝えます。いいことも悪いことも納得した上で買ってほしいので」

­

・「パッと見ただけではわからない細かい部分や中の写真に載せると、安心して買おうと思ってくれるようです」

­

・「質問などあった場合は迅速に返答し、買い手に不安がないようにすることです。商品も迅速に送るようにするといいでしょう」

­

・「とにかくたくさん出品して良い評価を増やすことです。その後は高値の商品でも落札が増えた気がします」
2.汚れ落としやアイロンがけをおこなってキレイにする
同じ商品でも、よれよれになって汚れがついたものときれいなものでは価値が全く違うよう。落とせる汚れを落とすことで少しでも高く売れるなら、少々面倒でもがんばれます!

­

・「少しでも印象をよくするよう、ピカピカに拭いたり磨いたり、服ならピシっとアイロンをかけますね」

­

・「洋服系ならクリーニングはマスト」
3.高い値段からスタートする/安い値段からスタートする
どちらの選択肢を選ぶか、モノによって決めるのもいいかも。

­

・「ある程度高い料金からオークションを始めるようにしています。売れなかったらもう少し下げて再出品。元の値段が高いほうが“いいもの”だと思う人も多いのでは?」

­

・「開始価格1,000円で出品していた品が落札されずに終了したのですが、思い切って開始価格1円にて再出品したところ、入札の泥沼になって、終了時には2,500円に高騰しました。最初の1,000円では見向きもしなかったのに、ほしい人がたくさん出て来ると買いたくなるようです。人間の競争心理とは不思議なものと思いました」
4.終了時刻をアクセスが多い時間帯に設定する


終了時刻間際に入札が押し寄せることは多いので、欲しいものがある人はぎりぎりの時間帯は必ずチェックを!

­

・「オークションが終了する時間を狙って出品しています。逆に、ごはん時など、人が忙しくしているような時間は避けてます」

­

・「人が多く集まるであろう日曜の夜を落札日に設定しました。締め切り時刻は9時ぐらいだと多くの人がのぞいてくれるので、結果、値段が上がって高く売れました」
5.写真の撮り方や見せ方を工夫する
妙に画像が暗かったり、生活感ありありの写真で出品する人、いるんですよねー。でも写真のよしあしが確実に人気を左右します。ピンぼけはいうまでもなくNG!

­

・「写真は上手に撮って背景などにも気をつかって、可愛く見せるのがコツです。ハンドメイドの作品をオークションに出品したことがあるのですが、写真が上手にとれたものは高値がつきました」

­

・「写真の撮影をする際に、商品が映えるようレフ板かわりに画用紙で囲うなど、簡易的なスタジオ風にして撮影」

­

・「一つの商品を売るとしても洋服だったらコーディネートしたものを載せたりするとより効果的に売れます」

­

・「実際に自分がモデルとして売りたい服を着用します。その姿を写真に撮り載せると買う側も服のイメージが湧き買いやすいです」
6.季節の需要を考える
セーターやブーツなどの衣類はもちろん、ヒーターや扇風機なども出品時期を考えることが必須です。

­

・「基本的なことですが、衣服であればショップに並ぶ時期に出品することでしょうか」

­

・「季節に合わせて売ることです。ベビー用品や子供服は、売れ行きが良いです」
7.流行に着目する
押し入れに眠っている品物が巷でブームになったときは急いで出品を!

­

・「レアな品物は売れやすいです。また、ブームにのっている品物も。こけしは高く売れました」

­

・「未使用の漬物の壺がほぼ買った値段で売れましたが、テレビで流行っていると言っていたタイミングで出品しました」
8.興味をそそるタイトルやコメントをつける
文章に自信がないなら、人気が高い出品者の真似をすることから始めてみるのも手です!

­

・「商品タイトルに“希少”とか“レア”などのアピールポイントを織り込みつつも、タイトルだけで商品内容がわかるように書く(色・サイズなど)」

­

・「これまでいろいろ売りましたが、男児用の紺のベストが意外な高値で売れました。子どもが小学校の受験で1回着用しただけの品で『無事合格しました』というコメントが効いたみたい」

­

・「ダイエットものでしたら効果や使い方を記載したりするのも手だと思います」

­

その他、「色々な発送方法や決済方法を選べるようにしておく」だったり、「同梱なら送料無料などの特典をつける」と印象が違うよう。また、子ども服の古着は、「単価は安いがまとめ買いしてもらえるので、発送の手間も省け、まとまった金額で取引ができて満足度は高い」とのコメントも。

­

送料無料や迅速な対応など、どれも買い手の立場からしたらうれしいことばかり。そう考えると、上手に売るコツって自分でも簡単に見つけられそうですね。

­

文/松本玲子

※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より

­

写真© beeboys - Fotolia.com

写真© naka - Fotolia.com