台湾メディアはこのほど、「日本卓球協会が福原愛と台湾の江宏傑との結婚に反対している」と報じた。このニュースが広まると、福原は自身のフェイスブックにハミウリの写真をアップ。江宏傑をタグ付けし、「食べたい」と書いた。

写真拡大

台湾のメディアはこのほど、「日本卓球協会が福原愛と台湾の卓球選手・江宏傑との結婚に反対している」と報じた。このニュースが広まると、福原は自身のフェイスブック(FB)上にハミウリの写真をアップ。江宏傑をタグ付けし、「食べたい」と書いた。江宏傑も甘い言葉で答えた。環球網が伝えた。

その写真とは、福原が自身のFBに投稿した、2つならんだハミウリアイスが写っているものだ。福原は江宏傑をタグ付けし、「食べたい」と書き、江は「僕が試合を終えて帰ってくるまで待って。それから一緒に食べに行こう」と答えている。「甘い」アイスクリームを持ち出すことで、全ての悪いうわさを一蹴するつもりだったようだ。

福原愛と江宏傑、日本と台湾の卓球選手の恋愛は、今年4月に公になった。当時、日本のメディアは、「2人はリオ五輪後に結婚する予定」と報じた。だが、リオ五輪終了後、福原は日本に戻り、過密スケジュールに追われる日々が続いている。江の方も、ドイツに飛んでプロリーグに参戦する準備を進めている。

日本メディアは25日、日本卓球協会は「ランクが違いすぎる」ことを理由に福原と江の結婚に反対していると報じた。また、福原が自身のブログに書いてある一部の文章を引用し、彼女もある程度動揺していると伝えた。

台湾のネットユーザーの多くが日本卓球協会の態度に不満を示し、「部外者のコントロールが行き過ぎている」との声が寄せられた。また、福原自身がFBにハミウリの写真をアップしたことは、このうわさを否定する意味合いがあり、江の答えも「ハミウリはまだ実際に食べてはいないが、甘い2人の関係は変わらない」ことを物語っている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)