写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年10月2日より放送がスタートする特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』に登場する変身ベルトのなりきり玩具「変身ベルト DXゲーマドライバー」の詳細が明らかになり、発売日が10月1日となることが発表された。

いわゆる「平成ライダー」18作目に数えられ、「仮面ライダー」シリーズ最新作となる『仮面ライダーエグゼイド』はゲームをモチーフとした作品で、歴代仮面ライダー史上初めて、ドクター=医師である主人公・宝生永夢/仮面ライダーエグゼイドが仮面ライダーに変身し、人類の命を守るライダーとして悪と戦う。今回のライダーたちはまずレベル1に変身し、患者からゲームウイルスのバグスターだけを分離。続いてレベル2にチェンジしてバグスターと戦う。

ライダーたちは変身ベルト「ゲーマドライバー」に、劇中のキーアイテムで"世界が注目する人気ゲームソフト"という設定の「ライダーガシャット」をセットすることで変身やレベルアップを行う。「ライダーガシャット」にはさまざまな種類があり、「マイティアクション X ガシャット」は、劇中では「仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル1」への変身、「アクションゲーマー レベル2」へのレベルアップを可能にする。

「変身ベルト DXゲーマドライバー」はベルト本体と「ライダーガシャット『マイティアクション X ガシャット』」が1個付属したセット。ベルト本体に「ライダーガシャット」をセットすることで光や変身音が発動し、さらにベルトのレバーを開くとベルトの中央にグラフィックが浮かび上がり、番組内の変身やレベルアップのシーンを忠実に再現することが可能となっている。なお、「ライダーガシャット」は単体でも光と音を楽しむことができる。

また、「仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー」の「DXタドルクエストガシャット」は10月8日、「仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー」の「DXバンバンシューティングガシャット」は10月15日に発売となる。価格は各1,620円(税込)。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映