東京のデザインスタジオ・Minorpoetが設計したアパートでは、キッチンをクローゼットの中に隠すことができる。シンプルさを追求したそのデザインの見本となったのは、京都の町家だという。

SLIDE SHOW 「クローゼットの中に、キッチン──日本の美意識から生まれたミニマルアパートメント」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/4扉をあけるとキッチンが現れる。
PHOTOGRAPH BY SATOSHI SHIGETA

03_0

3/4PHOTOGRAPH BY SATOSHI SHIGETA

3

4/4PHOTOGRAPH BY SATOSHI SHIGETA

Prev Next

東京のとあるアパートの一室に、木製のクローゼット用ドアがずらりと並んでいる。それを見れば、中には掃除用具か、きちんと積まれたシーツやタオルが入っていると思うだろう。でも実際は、アコーディオン式のドアを右側の壁に向かって開くと、出てくるのは小さなキッチンだ。

クローゼットの中に収められたこのキッチンは、日本のデザインスタジオ「Minorpoet」がデザインしたものだ。スタジオ設立者の松山啓明によれば、京都の町家を見本にして、このミニマリストスタイルのアパートを設計したという。

町家では昔から、台所(土間)はリヴィングルームから見えてはいけないのがしきたりだ。東京にある60平方mほどのこのアパートの場合、厳密にいえばキッチンはリヴィングルームの中にある。しかし、Minorpoetがデザインした収納機能のおかげでその問題は解消された。

これは、限られた小さなスペースを創造的に活用するひとつの手段だ。マイクロアパートメントがますます一般化しつつある昨今、デザイナーはこうした工夫を取り入れるようになってきた。例えば、MITメディアラボは機械で操作できるつくり付けの棚を開発した。壁のような棚の中には、飛び出すデスクやクローゼット、キャスター付きのベッドが収められている。

また、ニューヨーク市が初めて認可したマイクロアパートメント(日本語版記事)には、折りたたみ式のソファや、伸長式テーブルなどが備え付けられ、家事サーヴィスのほか、執事が毎週の用事を片付けてくれるアシスタントサーヴィスなども利用できる。さらに、あるデザイナーはリヴィングルームの天井に収納できるベッドをデザインした。寝る時間になったら上からベッドが下りてくる仕組みだ。

小さなスペースで暮らすためのカギとはすなわち、多機能性だ。Minorpoetのデザインを見れば、家を多目的に活用するためには、必ずしも空中に浮かんだベッドや、自動で動く壁が必要なわけではないことがわかる。キッチンが小さければスペースをあまり取らないし、それを隠すドアがあれば、整然と片付いた部屋の美観は損なわれない。

「日本には、シンプルなデザインのなかに美しさを見出す文化があります」と松山は言う。その文化から生まれたのが、このキッチンが収納されたアパートだ。スペースの有効活用法であることはもちろん、何よりもまず、ただ美しい。

RELATED