日本HPとKDDIは、2月の『Mobile World Congress 2016』で発表されたHP製のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン『HP Elite x3』を国内で9月5日に発売することを発表しました。KDDIは法人向けに販売、日本HPは直販サイト『HP Directplus』と日本HP直販営業、日本HP販売代理店から法人と個人向けに販売します。



『au VoLTE』に対応し、受信時最大225Mbpsの高速通信とWiMAX 2+に対応。CPUにSnapdragon 820、4GBのRAMと32GBの内蔵メモリー、5.96インチWQHD(2560×1440)ディスプレー、4150mAhバッテリー、1600万画素カメラ、USB Type-Cポートを搭載。IP67水準の防じん・防水、米軍調達基準MIL STD 180G適合の耐衝撃性を持つほか、指紋認証と虹彩認証、ハードウェアレベルの暗号化に対応し、セキュリティ機能も重視しています。



スマートフォンに外部ディスプレーやマウス、キーボードを接続してデスクトップパソコンのように使えるWindows 10 Mobileの機能『Continuum』にも対応。12.5インチディスプレーを搭載し、ノートパソコンのように利用できる『ノートドック』、USBポートや有線LANポート、外部ディスプレイポートを搭載する『デスクドック』をラインアップしています。

『HP Elite x3』は、通常版が7万7800円(税別)、プレミアムパッケージが7万9800円(税別)で9月5日に発売。『ノートドック』は4万9800円(税別)、『デスクドック』は1万2000円(税別)で9月下旬に発売します。