写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東陽テクニカは9月1日、無線機器の電波法規および関連情報を集約した、型式認証WEBデータベース「TACS4」のライセンス販売を同日より開始すると発表した。

無線通信機能を搭載したデバイスを使用・販売するためには、各国の電波法規を満たし、当局の型式認証を取得する必要がある。型式認証をスムーズに取得するためには、製品の企画段階から各国の最新法規および関連情報を正確に把握することが求められるが、知見のない国の法規および関連情報を一から調べると多くの時間とコストがかかってしまう。また、電波法規の要求事項は国ごとに異なり、不定期に改正されるため、常に最新の情報を入手し続けるには大きな労力を要する。

「TACS4」は、無線通信デバイスの認証試験ラボとして世界有数のネットワークを持つAT4 wireless社が提供する国際型式認証サービスの関連ソリューションで、世界200以上の国と地域の無線通信デバイスの型式認証に関する最新法規および関連情報を提供する。無線技術の使用可否、認証プロセス、ラベルの表示要件、認証の有効期間など、商品企画から製品化および販売後のメンテナンスまで必要な情報を網羅し、法規情報を収集する手間を省き情報を一元的に管理することが可能となる。また、AT4 wireless社の型式認証専門チームが定期的に情報をアップデートするほか、データベース掲載国については、認証取得代行サービスも合わせて提供する。

東陽テクニカは、「TACS4」の提供により無線通信デバイスの海外市場投入までの時間を最短化するとともに、コストの最小化に貢献するとしている。

(神山翔)