反日感情が根強く残る中国では日本へ旅行したり、日本製品を購入したりする中国人を批判する声が存在する。愛国心を振りかざす人は中国で「憤怒青年(憤青)」とも呼ばれ、憤青たちは日本製品の排斥と同時に中国製品の支持を強く呼びかけている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 反日感情が根強く残る中国では日本へ旅行したり、日本製品を購入したりする中国人を批判する声が存在する。愛国心を振りかざす人は中国で「憤怒青年(憤青)」とも呼ばれ、憤青たちは日本製品の排斥と同時に中国製品の支持を強く呼びかけている。

 中国では憤青たちの主張に真っ向から反発する意見は少なく、形のうえでは同意を示しておく中国人は多いようで、中国メディアの一点資訊はこのほど、「国産支持を高らかに叫ぶ中国人は多いが、そういう人ほど中国車を購入しない」と指摘している。

 記事は、中国国内における自動車販売台数ランキングにおいて、中国車の名前はほとんど見られないと指摘し、「なぜいつも国産支持を主張する中国人は中国車を支持しないのか」と疑問を投げかけた。続けて、愛国心が強い中国人すら中国車を支持しない理由として、まず「品質問題」を取り上げ、中国人消費者の間で「中国車はトラブルが多い」という認識が一般的となっていることを指摘した。

 また、中国車では「メンツが立たない」という点も理由の1つだとし、他人からどう思われるかを重要視する中国人にとって、誰もが知るブランドであることは重要な要素と指摘。合弁車であれば他人から「高スペックで高価格な車」と見られるため、ひいてはその車に乗っているオーナーの社会的地位も高いと見られることを指摘した。また、中国車ではメンツが立たない別の理由は、「中国人は合弁車は知っていても、中国車は知らないから」と論じた。

 そのほか記事は、燃費性能や走行性能、中古での売却価格などにおいても、中国車の質は向上しつつあるとしながらも、やはり合弁車には敵わないのが現状と指摘している。自動車が高額な買い物である以上、誰もが高性能で信頼性の高い車を選びたいと思うだろう。これは中国人も同様のようで、いくら愛国心があって国産支持を叫んでいても、いざ車を購入する場合は理性的な判断のもとで日系車などの合弁車を購入しているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)