元リバプールのランバート、WBAからカーディフに完全移籍

写真拡大

▽カーディフは31日、WBAから元イングランド代表FWリッキー・ランバート(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。

▽ブラックプールでキャリアをスタートさせたマージサイド出身のランバートは、サウサンプトンでの活躍を受け、2014年夏に地元クラブのリバプールに移籍。2015年夏からWBAに活躍の場を移していた。

▽代表キャリアにおいては、2013年に当時31歳の年齢でイングランド代表デビュー。これまで11試合のキャップ数を記録している。