日本で暮らしている外国人が驚くことの1つに、ゴミの分別が挙げられるだろう。生活ゴミでもペットボトルや缶、ビンなど、あらゆるゴミが種類や素材に応じて分類し、リサイクルが行われている。何でもまとめてゴミに出されている中国からすれば、日本のゴミ分別は厳しすぎると感じることだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本で暮らしている外国人が驚くことの1つに、ゴミの分別が挙げられるだろう。生活ゴミでもペットボトルや缶、ビンなど、あらゆるゴミが種類や素材に応じて分類し、リサイクルが行われている。何でもまとめてゴミに出されている中国からすれば、日本のゴミ分別は厳しすぎると感じることだろう。

 中国メディアの北極星節能環保網はこのほど、日本ではゴミの分別がしっかり行われていないと、ゴミを回収してくれない場合もあるほど厳しい分別が行われていることを伝え、日本は「尋常ではないほど清潔で環境に優しい国」だが、その背後には並々ならぬ努力があると伝えている。

 記事は、日本で生活するうえでまず最初に理解する必要があるのはゴミの分別だと指摘し、「ゴミ分別ができないと近隣住民とトラブルになる可能性もあるため」と伝えた。さらに、日本では自治体によって分別の方法に差があることを指摘しつつも、トラブルのない生活をおくるうえでは「現地のゴミ回収ルールを尊重することだ」と論じた。

 続けて、日本でのゴミ分別の厳格さは「外国人からすれば、まるで懲罰でも受けているのかと感じるほど」だと主張しつつも、日本では理由もなく厳格な分別が行われているわけではなく、高度経済成長によってゴミが大きな問題となったことが背景にあると指摘。日本は中国のように広大な国土があるわけではないため、ゴミの埋立地が不足していることや、焼却処分は環境汚染物質が排出されやすいこともあって、日本人の環境保護意識が高まり、その結果として厳格な分別が行われるようになったことを伝えた。

 日本もかつてはゴミ問題をはじめ、さまざまな環境問題に直面した。だが、日本は問題を直視し、解決に向けて出した答えの1つが厳格なゴミ分別ということだ。中国も大気汚染やゴミ問題など、さまざまな環境問題に直面しているが、いまだ抜本的な対策はなされていないのが現状で、環境汚染も年々深刻化している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)