ドイツ発インテリアブランド「KARE(カレ)」日本初旗艦店を大阪にオープン

写真拡大

ドイツ発のインテリアブランド「KARE(カレ)」が、日本初の旗艦店を大阪・NU 茶屋町 B1階にオープンする。

1981年、ドイツ・ミュンヘンの郊外に 40屬両さなショップとして産声をあげたKARE。現在では、世界50ヵ国・250以上の店舗を展開している。コンセプトは「LIFE IS STYLE!(人生とはスタイルだ)LIFE AGAINST THE STREAM!(流れに身を任せず、自分の意思で生きよう!)」。

一番の特徴はバリエーションの豊富さ。5000アイテムを誇るKAREのアイテムのうち、約半数が毎年新デザインに入れ替わる。 アイテムは、トレンドやスタンダードなデザインに、クレイジーな解釈を交えたユニークにデザインが魅力。さらに、インテリア業界では常識外れとも言われる、毎年、2000もの新しいデザインを発信し続けている。

なお、ブランドが日本初の旗艦店オープンに大阪を選んだのは、KAREのユーモアやオリジナリティのあるデザインが 大阪の持つ文化や価値観と親和性があるという思いに至ったから。現 CEOであるJürgen Reiterは、旗艦店を皮切りに、『等身大で選べる自分らしいインテリアがもたらす心の豊かさ』を伝えていきたいとコメントしている。

【店舗概要】
KARE 梅田店
オープン日:2016年9月9日(金) 
住所:大阪府大阪市 北区茶屋町10-12 茶屋町 B1F
店舗面積:560