tv_20160901130645.jpg

写真拡大

原子力規制委員会はきのう31日(2016年8月)、廃炉となる四国電力・伊方原発1号機から出る放射性廃棄物のなかでも、制御棒など比較的放射能レベルが高いもの(L1)の扱いを決めた。地震や火山の影響を受けにくい場所を選び、70メートルより深い地中に埋めて、電力会社が300〜400年間管理する。そのあとは国が引き継いで、10万年間掘削を制限するという。

もうほら話にしか聞こえない。

400年前は大坂夏の陣

原発の廃炉で出る放射性廃棄物は4段階に分けられる。使用済み核燃料など極めて放射能レベルが高い高レベル廃棄物がトップで、L1、L2、L3と下がっていく。高レベル廃棄物は地下300メートルより深くに10万年。L2は地下十数メートル、L3は地下数メートルと決まっている。電気事業連合会によると、国内の原発57が廃炉になると、L1だけで8000トンが出るという。

司会の羽鳥慎一「期間が長すぎでよく分からないですよね」

玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「400年前というと、大坂夏の陣の翌年です」

羽鳥「この間、電力会社が管理するというのですね」

10万年後に人類生き残ってる?

玉川「ちなみに、10万年前というと、人類はいたと思いますか」

羽鳥「10万年というと、なんとか原人の時代かな」

玉川「現生人類はいました。でも、氷河期より前です。ネアンデルタール人が絶滅したのが3万年前」

羽鳥「そこまで、政府が管理するの?」

玉川「まさに負の遺産。ほんとにどう考えたらいいですかね」

10万年間の地殻変動を考えたら、300メートル下のものだっていつ地表に出てくるかわからない。人類が放射線を発見してたかだか100年ちょっと。やっぱり狂ってるとしか思えない。