まるで模型のよう!内部ものぞける精巧なペーパークラフト

写真拡大

動物、昆虫、建築物から特撮ヒーローまで、さまざまなジャンルのペーパークラフトを手がけるアップリフトより、名車を精密に再現した「フィアット500 ペーパークラフト」(4212円)が登場しました。

模型のような高い完成度でありながら、紙の温かみも感じられる愛らしいペーパークラフトです。

[関連記事]実は初めて!タミヤ史上初の旅客機プラモは小型ジェット機

窓は透明フィルム!リアハッチは可動します!

フィアット500は、1957年に登場し、その後20年の長期にわたって生産された、イタリア・フィアット社の人気小型自動車。イタリア語で500を意味する「チンクェチェント(Cinquecento)」の愛称で知られ、あのルパン三世の愛車としても有名です。

20160901_uplift01

そんな名車を、12分の1スケールの精巧なペーパークラフトで再現。完成サイズは、全長約25cm× 幅約11cm×高さ約11cm。ディスプレイ時の存在感はなかなかのものです。

20160901_uplift05

ボディ部はマーメイド紙と呼ばれる、温かみのある質感の紙を使用(その他は上質紙)。フィアットの丸みのあるボディとレトロ感に、ペーパークフラフトのやわらかい質感が絶妙にマッチしています。

20160901_uplift02

ウィンドウ部は透明フィルムのため、組み立て後も内装をしっかり眺められます。エンジン部や足周りなども細部にこだわり表現されているため、手にとってボンネットを開けたりと、各部を存分に楽しむこともできます。

20160901_uplift03

ペーパークラフトだからといってあなどれない細部の作り込みは、まさに大人の楽しみ。乗ったことがある人もない人も、自分の手でじっくり作る、自分だけのフィアットを作り上げてみてはいかがでしょうか。

20160901_uplift06

アップリフト「フィアット500」>> http://uplift.jp/products/uplift-models/fiat500.php

 

[関連記事]
限定500台!トヨタ「20系アルファード」特別仕様車がミニカーに

進化するゴジラ!最新フィギュアは口が動くぞ!

クルマ文化がテーマのミニカー!第2弾は欧州車

(文/&GP編集部)