写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレダイン・レクロイ・ジャパンは9月1日、計測条件に合わせて垂直分解能を自動的に最適化し高分解能を提供するHD1024高精度テクノロジを採用した高精度オシロスコープ「HDO9000シリーズ」を発表した。

同シリーズは、4GHzの帯域で分解能10ビットを維持しつつ40GSpsのサンプリング速度を実現するほか、最適化フィルタを適用することでオシロスコープ内のA/Dコンバータの接続を変更し、最大13.8ビットの分解能を提供することを可能とする(ただし、その分、帯域は低下する)。さらに、2016年4月に発売された「WaveRunner8000」でも採用されたタブレット感覚での操作を可能とする「OneTouch MAUI」の搭載と15.4型モニタを採用することで操作性を向上させたほか、1.25GSpsで16チャンネルのデジタル入力を用意した製品もラインアップしており、シリーズとしては、帯域1/2/3/4GHz品とそれのデジタル入力対応品の合計8品種が提供される。

なお同社では、高速デジタル回路のデバッグ解析やシリアル通信測定・解析のほか、レーザーパルスや放電などの物理測定などを行うユーザーを中心に提供していくとしており、2016年9月1日より12月29日までの約4カ月の期間限定で、発売記念キャンペーンを実施。割引価格で製品の提供を行うとしている。価格は333万円(税別)からだが、キャンペーン割引では312万円(同)からとなる。

(小林行雄)