残暑疲れもスッキリ!「サクッとエクサ」仕事の前後にできる4つ

写真拡大

9月に入り、日差しも和らいできました。しかし、そろそろ夏の疲れも出てくる頃ではないでしょうか。そうなってくると仕事にもなかなか力が入らないですよね。

さてこんな時、働き女子のみなさんは、どうしますか? じつはこのような疲れは、単純にダラダラと寝ていてもなかなか回復しません。こんな時こそ、適度なエクササイズをするべきなのです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事と海外情報サイト『BUSTLE』を参考に、残暑疲れ対策“仕事の前後にこそするべきエクササイズ”4つをご紹介します。

■1:体を大きく使ったストレッチ

なかなか疲れが取れず、体も気持ちもだるい時には、積極的にストレッチをするようにしてください。

そしてここでのポイントは、体の大きな筋肉を積極的に伸ばすこと。深呼吸をしながら体全体を大きく使って、ゆっくりと伸ばすことを意識してみてください。

ベッドでダラダラしても、なかなか回復しない疲れが取れてスッキリとするはずです。

■2:TVを見ながらウエイトトレーニング

仕事が終わって、疲れて家に帰ってきたらボーッとTVを見ているだけ、なんてことはありませんか? せっかくですから、この時間を使いましょう。

初めは、本当に軽いウエイトで構いません。TVを見ている時にちょっとしたウエイトを手にしてみてください。もし適当なウエイトがなければ、なんでも構いません。水を入れたペットボトル、ちょっと重い本などでも良いでしょう。

ボーッとしている時間があれば、手に持って少し動かしてみてください。だんだんとやる気になって、よりエクササイズができるようになります。

ほら、いつの間にか疲れも取れているのではないでしょうか?

■3:水にふれるスイミング

まだまだ暑い日も多いものです。もしだるさが続くようでしたら、プールに飛び込みましょう。

それだけで気分もリフレッシュされますし、体もスッキリとしてくるでしょう。もちろん、ゆっくりと長めの距離を泳いでも良いですね。

■4:朝のウォーキング

仕事が始まる前に行うエクササイズはいかがでしょうか。いつもより少し早起きをして、まだ朝の気温が高くなる前にウォーキングをするのもオススメです。

日中はまだ暑くても、朝はかなり涼しいはず。この時間に、軽くウォーキングをしましょう。朝から気分もリフレッシュできて、疲労も吹き飛びますよ。体が動くようでしたら、坂道をウォーキングしても良いですし、軽いジョギングをしても良いでしょう。

朝からスッキリとした気分で仕事に出かけられますよ。

以上、残暑疲れ対策“仕事の前後にこそするべきエクササイズ”4つでしたが、いかがでしょうか?

疲れをどう解消するかが、仕事のパフォーマンスにも関わってきます。積極的に疲れを解消する方法として、これらを試してみてくださいね。