1人ぼっちの自閉症の少年と一緒にお昼を食べるアメフト選手がステキ

写真拡大

ある母親がフェイスブックに投稿した写真が、人々の気持ちを温かくしてくれている。

…とその前に、子どもは残酷なものだ。米フロリダ州に住む母リア・パスケさん自身も、中学時代には特に楽しい思い出もないそうだ。

年頃の子どもの厳しい現実

そんなリアさんには、現在中学校(middle school)に通う息子がいるのだが、キツイ時代を迎えた息子に対し、母として心配が絶えないという。

息子のボー君は自閉症を患っているのだが、「この点に関しては、息子が自閉症で良かったとすら思う」と述べている。

お昼ごはんは大抵1人

その理由について、リアさんは次のように綴っている。

というのも、息子は自分が手を打ち鳴らすと周囲から変な目で見られることにも、誰からも誕生日会に招かれないことにも気付いていないようだし、お昼ごはんを一緒に食べる友達がいないことも、気にしていません。

私が息子に聞くことは決まっています。「今日は悲しいことはなかった?」、それから「今日は誰とお昼を食べたの?」ということだけ。

彼が「クラスメイトと食べた」と答えるのは稀で、大抵は「誰とも(食べていない)」と言います。

私はそんな息子をかわいそうに思いますが、本人は気にしていないようです。

Leah Paske/Facebookより引用

アメフト選手と食事を共に

リアさんいわく、「誰とでも笑顔でハグを交わすようなとても優しい性格」という息子だけに、母としては歯がゆく、胸を痛めているに違いない。

しかし先日、友人が喜ばしい写真を送ってくれた。

「君の息子、トラビス・ルドルフと一緒にお昼を食べていたよ」と言って、友人がくれた写真がこちら。

Leah Paske/Facebook

Leah Paske/Facebook

ご覧のとおり、他の子どもたちから1人離れて座るボー君が、学生風の年上の男性と一緒に食事をしている。

「トラビス・ルドルフって誰?」と返すリアさんだったが、フロリダ州立大学のアメフトの選手とのこと。

同選手の優しさに母涙

この日、トラビス選手を含む同大学のアメフトチームが、息子が通う学校を訪れたという。

彼女はこう続けている。

写真を見て涙が出ました。

この優しい青年が、なぜ息子と一緒にごはんを食べてくれたのかはわかりませんが、私にとっては忘れがたい、嬉しい出来事です。

だってこの日だけは、息子が誰とお昼を食べたんだろうと気にする必要がなかったのですから。彼の目の前にスター選手が座っているのは、誰の目にも明らかでしょう。

トラビス選手、本当にありがとう。あなたは1人の母親をこの上なく幸せにしてくれました。私たちはずっとあなたを応援し続けます。

Leah Paske/Facebookより引用

感動と称賛の声が続出

母はこの写真をフェイスブックに投稿。

同投稿は1万1千件以上シェアされ、複数の海外メディアでも取り上げられた。

「なんて感動的なシーン」「ジーンときました」と人々の心を打ったのは言うまでもない。

加えて、

「トラビス・ルドルフは優しい青年だ」

「トラビス・ルドルフ、素敵すぎる」

「まさに100点満点」

「トラビスみたいな人がもっと増えればいいのに」

「素晴らしい。トラビスよくやった」

など、トラビス選手への称賛の声も続出している。