危険は未然に回避!キャンプでもクルマでもCO濃度は自動でチェック!

写真拡大

「DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、小型の一酸化炭素警告器、「キャンプ用一酸化炭素チェッカー CG1-478」(1万6200円)が発売されます。知らず知らずに忍び寄る一酸化炭素。チェッカーがあれば、いざという時あなたの命を守ってくれるかもしれません。

[関連記事]熱中症や食中毒の危険度を教えてくれる時計で自己防衛

日本製センサー搭載の手のひらサイズ

一酸化炭素(CO)は有害でありながら、無臭で無色透明。そのため気づかないうちに中毒となり、最悪の場合は死にいたるケースも発生しています。意外と身近に潜んでいる危険です。

事故が発生しやすいのは、キャンプ時のテントやクルマの中などの密閉空間。キャンプで火や暖房を使う場合、クルマの中に排気ガスが充満してしまったりといった場合が危険です。

一般的な一酸化炭素警報器は、大きく持ち運びづらいのが欠点でしたが、この「キャンプ用一酸化炭素チェッカー」は、名前の通りキャンプにも気軽に持っていける、軽量で手のひらサイズ。

20160901_doppel01

操作はボタンを長押しして、電源をオンにするだけ。規定値以上の一酸化炭素を5分以上検知し続けると、ライトの点滅や、アラームで警報してくれる仕組みです。

20160901_doppel02

この「5分以上」というのがポイントで、警報がすぐに鳴りだすモデルを使っていて困ったことがある人でも、この製品なら的確に危険を知らせてくれます。センサー部分も信頼の日本製。

20160901_doppel03

キャンプやドライブ、車中泊の機会の多い方は、ご自身や身近な人を守るためにも是非導入を。

20160901_doppel05

 

「キャンプ用一酸化炭素チェッカー CG1-478」>> http://www.doppelganger-sports.jp/product/cg1_478/

 

[関連記事]
夜間に存在をアピれ!危険を回避する自転車ライト

わき見や居眠り運転をひっそり見守り、ブザーで警告!

長距離運転も安心、夜でも鮮明画像のドライブレコーダー

(文/&GP編集部)