事件の真相は?(写真はイメージ)

写真拡大

「嘘をついた。連絡を無視した」。不良グループはそんなささいな理由で仲間の少年を殺めた。なぜ彼らは全身に赤い服をまとい、理解に苦しむ凶行に及んだのか。「カラーギャング」を自称する彼らの狂気の原点──。

 台風が近づいていた。木々がざわつく音に混じり、ドスッ、ボコッという鈍い音が、川の水面に響く。月明かりに少年たちの影が揺れ、ウウッといううめき声が上がる。やがて痛みに耐える声は、荒ぶる風の音に消されていく。

 8月22日午前2時半頃。埼玉県東松山市を流れる都幾川の橋の上で、5人の少年たちが井上翼くん(享年16)を取り囲んでいた。リーダー格の17才と16才の少年、後の3人は中学3年生だ。

 少年たちは翼くんを引きずるようにして幅2mほどのコンクリの沈下橋を渡り、人気のない河川敷に連れ込んだ。

「おい、泳げよ」。翼くんの服を脱がせ、全裸で冷たい川に放り込む。服は川に放り投げた。岸にしがみついた翼くんを砂利の上に転がし、殴り、石で打ち、蹴った。16才の少年は格闘技の素養があったが、殴った彼の手も腫れ上がるほどの激しい暴行だった。

 1人が携帯を取り出し、その様子の撮影を始めた。冷酷な笑い声が河川敷に響く。中学生の1人が声を震わせた。

「これ以上やったらヤバイっすよ。やめましょうよ、先輩」

 だが、先輩は冷たくこう言い放った。

「ここにいる限り、同罪だ。お前もやれ」

 やらないと、自分も殺される──そう感じた少年は翼くんを一度蹴りあげると、他の中学生と共にその場から逃げ出した。

 その後も、翼くんへの暴行は明け方まで続いた。翼くんは泡を噴いて痙攣し始めた。最後に頭を思いきり川に沈めると、やがて体は脈打つことを止め、まったく動かなくなった。怖くなった少年たちは翼くんの遺体をその場に放置し、ワインレッドのバイクに跨がって逃げた──。

 その日の午後、台風9号が関東地方を直撃。翼くんの亡骸は激しい風雨に晒されたうえ、水かさを増した川にのみ込まれた。

 台風が過ぎ去った河川敷で、釣りにきた70代の男性は下半身が砂利に埋まり、顔と右胸、右腕、左手の一部だけが露出した遺体を発見した。23日午前8時のことだった。

「死体のようなものが埋まっている」

 110番通報を受けて駆けつけた警察が確認した時、全裸の翼くんの顔と体はあざで赤茶色に変色していたという。24日、翼くんの殺害にかかわった16才の少年が自ら出頭し、殺人容疑で逮捕。他の4人も25日に逮捕された。

 翼くんはその日、彼らの遊びの誘いに「今、地元にいない」と嘘をついて会うのを断っていたが、地元のコンビニでジュースを買っているところを見つかってしまう。少年らは犯行の動機について「嘘をついて無視したから」と供述している。

 犯行の中心になった年長の2人は、地元のギャング・グループ『パズル』のメンバーだ。翼くんは数か月前に彼らとつきあうようになり、万引きを強要されたり、殴られたり、「根性焼き」と称して火のついたたばこを押しつけられたりしていたという。次第に嘘をついて会うのを避けようとしたが、それを彼らは逆恨みした。

 東京・池袋から東武東上線急行で約50分。東松山駅や高坂駅周辺で、『パズル』のメンバーがたむろする姿が見られていた。

「5年ほど前から。週末の夜になると、駅の階段の下に赤いツナギにマスクをした若者たちが集まってくる。体格や顔つきを見ると、高校生ぐらいの年頃が中心で、たまに20〜30代の大人も混じっていた。たばこを吸ったりしながら座っているだけで不気味。近くを通るのが怖かった」(女子大生)

「集団は少ない時で5〜6人、多い時は20人以上。高坂駅近くのショッピングセンターでもよく見かけた。祭りや花火大会で“赤いアイテム”を持っている人に絡み、ヤキを入れていた」(地元の高校生)

◆女性や高齢者も標的にする“なんでもアリ”

 翼くんは母親の地元である東松山市に、小学2年生の時に引っ越してきた。

「翼くんは3才上のお兄さんと双子の弟の3人兄弟。実の父親はお母さんの前夫のようです。両親は共働きで、母親は保険のセールスレディーでした。双子の弟は中学では学年で常に10番以内に入るほど優秀な子で、今は県内屈指の公立高校に通っています」(近隣住民)

 翼くんは定時制高校に進学するも中退。その後は地元のコンビニで働いていた。翼くんの自宅周辺でギャング団とおぼしき少年たちがたむろするようになったのは、ごく最近のことだったという。

「5、6人が集まって騒いだり、バイクを走らせたり。翼くんはそれが嫌だったのか、自宅に寄りつかなくなった。連中が自宅におしかけることで、家族に迷惑をかけたくなかったのだと思う。彼は優しい子でしたから」(別の近隣住民)

『パズル』は「カラーギャング」の1つで、メンバーが赤いツナギや赤いバンダナを身につけていることから「赤ギャング」と呼ばれていた。

 カラーギャングは1990年代半ばに都心部を中心に出現。アメリカのストリート・ギャングの影響だった。ロサンゼルスを舞台にした1988年公開の映画『カラーズ 天使の消えた街』(デニス・ホッパー監督、ショーン・ペン主演)では、実在する「クリップス」と呼ばれる青ギャングと「ブラッズ(血)」という赤ギャングの抗争が描かれているが、当時、ロサンゼルスには600ものカラーギャング組織が存在し、メンバーの数は7万人にも及んでいたという。

 1998年に出版された石田衣良の『池袋ウエストゲートパーク』はカラーギャングの抗争を生々しく描いた小説で、2000年に宮藤官九郎脚本でテレビドラマ化。2000年代前半には新宿・歌舞伎町や池袋、渋谷などの繁華街にカラーギャングが溢れた。

「その後、埼玉や千葉、神奈川など郊外を拠点にする大規模なグループが増え、最盛期には300人規模のチームもあった。かつての暴走族や愚連隊と違うのは、“弱者は狙わない”といった暗黙のルールや規律がなく、“なんでもアリ”のところ。だから、いったん暴走し始めると歯止めがきかない。リンチは当たり前、ナイフやバットなど凶器も使う、女性や高齢者も標的にするという危険な不良集団です」(不良文化に詳しいジャーナリスト)

 1990年代後半から2000年代にかけては、カラーギャング同士の抗争や凶悪事件が相次いだが、なかでも凄惨を極めたのは2004年12月に千葉県で起きた女子高生惨殺事件だ。

 早朝、JR茂原駅近くの路上で5人の「青ギャング」の男たちがカラオケ帰りの高校生・A子さん(享年17)と友人女性からハンドバッグや現金などを強奪。抵抗するA子さんに激しい暴行を加え、そのまま車で拉致。車内で強制わいせつ行為に及んだ後、東金市内のホテル跡地でA子さんにさらに激しい暴行を加え、殺害した。

 高齢女性に対する路上でのひったくりを繰り返し、逮捕されたグループもある。

「カラーギャングは2000年代半ばでピークアウトしたが、都心周辺の郊外都市ではいまだに暴力沙汰や犯罪行為を繰り返している」(前出・ジャーナリスト)

 翼くんを襲った『パズル』は事件後の地元の花火大会にも出没。あるメンバーはこうSNSに書き込んだ。

《俺らパズルの印象は最悪の極悪非道(中略)パズル全国デビューか》

 少年たちに反省の色は見えない。

※女性セブン2016年9月15日号