中国では鉄道の「駅弁」の質が日本に負けているという声が高まっている。確かに中国の駅弁は価格が高い割に味はいまいちで、しかも高額だ。そのため、鉄道利用客はインスタントヌードルを持参し、空腹をしのいでいる状況だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では鉄道の「駅弁」の質が日本に負けているという声が高まっている。確かに中国の駅弁は価格が高い割に味はいまいちで、しかも高額だ。そのため、鉄道利用客はインスタントヌードルを持参し、空腹をしのいでいる状況だ。

 また、日本が中国に圧勝しているのは駅弁だけでなく、航空機の機内食も同様だ。日本を訪れる中国人旅行客が増えるなか、日本の航空会社を利用した中国人旅行客からは日本式のサービスを高く評価すると同時に、機内食のおいしさを評価する声があがっている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、「中国人の多くは機内食はおいしいものではない」と認識していると伝える一方、日本の航空会社の機内食は世界的に見ても一流だと伝えている。

 記事は、日本の航空会社で提供される機内食の数々を写真で紹介したうえで、「果物や野菜、スイーツなどもメニューに含まれている」と紹介。さらに、見た目も色鮮やかで新鮮さすら感じられ、顧客の立場で考えられたメニューであることが伝わってくると称賛し、多くの人が日本の航空会社の機内食が世界一流と絶賛するのも納得だと伝えた。

 また、日本の航空会社が提供する機内食は衛生面もよく管理されていることを指摘したうえで、きめ細やかなサービスと合わせて「高額な航空チケット代金を支払うに値する」と称賛した。中国にも数多くの航空会社は存在するが、やはりサービスや料理の質というソフトの部分で日本は中国の会社を圧倒していることがよく分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)