9月1日は、関東大震災が起きた日でもあり、「防災の日」とされています。地震大国日本では、いつ大きな震災が起こるかわかりません。しかし、平和な毎日を送っているといざというときの対処法を忘れがちです。そこで今一度、あなたの対応力をチェックしておきましょう。

ここでは東京都総務局発行『東京防災』の情報をもとに、地震がおきた場合の対処法をご紹介します。

■Q1:地震の揺れを感じたらまずどうするべき?

正解は、転倒してくる家具や窓ガラスの破片などから身を守るため、机の下などに隠れて命を守ること。

地震が起きた際の対処ですが、「火を消したほうがいい」とか「とにかく屋内からすぐに出たほうがいい」といった、最優先すべきではない情報が横行しがちです。

万が一、台所などで火を使っていたとしても、消すのは揺れが収まってからにしましょう。またいつでも避難できるように、部屋の窓や扉、玄関のドアを開けて出口を確保しましょう。

■Q2:オフィスで地震、危険な場所はどこ?

正解は、オフィス機器や窓ガラスが近くにない場所に身を隠すことです。

オフィス内で大きな揺れを感じて、危険を及ぼす可能性が高いのが、コピー機。体に勢いよく当たってきたら大怪我しかねません。またキャビネットの転倒やガラスの飛散も想定できる危険な状態です。

また揺れが収まったら避難するべきですが、エレベーターは停止する可能性があるため階段を使うようにしましょう。

■Q3:地震直後にやってはいけない行為は?

正解は、ライターをつけたり、ブレーカーに触ることです。

ライターをつけるとガス漏れで引火する可能性があります。また電気が落ちてしまっても、ブレーカーを上げて通電させると火災の危険があります。電気のスイッチも触ると火災や爆発の可能性があるため、絶対に触らないようにしましょう。

さらに地震がきたからと慌てて家を飛び出すと落下物に当たる可能性もありますから、まずは家族と家の中の安全を確認し、周辺で危ない建物や火災がないか確認しましょう。

■Q4:避難で自宅を離れる前にやるべきことは?

正解は、行政などの情報を自分の目や耳で確かめ判断することです。

地震が起きたときに避難をするかどうか、そのタイミングは生死を分ける重要な判断となります。特にネット上にさまざまな噂が出回ることもあり得ますから、行政などの情報をしっかり確かめ判断しましょう。

自宅の安全が確認できれば、在宅避難という方法を考えておき、日頃から防災グッズなどを揃えておきましょう。

もし、自宅を離れて避難したほうがよい場合は、出火させないためにも、ブレーカーとガスの元栓を閉めることが大切。さらに自分や家族の安否、避難先をメモにして玄関などに貼っておきましょう。

■Q5:家族との正しい連絡手段は?

正解は、家族で「もし、災害があったときのルール」を決めておくことです。

家族や友人と連絡をどうやってとるべきか、事前に決めておくことがおすすめです。災害伝言ダイヤルのほか各電話会社で伝言サービスがありますし、SNSを介した連絡も可能です。

万が一のときはどの方法で連絡を取り合うか、家族でルールとして決めておくと落ち着いて行動できますよね。

日頃から災害時の対応をきちんと理解しておくことが、いざというときの対応力につながります。自分や大切な家族を守るため、この機会に改めて見直しておきましょうね。

【関連記事】

災害時に生理…どうする?「簡易ナプキン&おむつ」知っておきたい作り方