そろそろ夏の疲れがドッと出てくる頃ではないでしょうか。体力をつけようとお肉ばかり食べたり、好きだからといって油っこい料理ばかり食べていると、便秘や肌トラブルにつながります。

夏の疲れが出る頃は、お肌の調子も崩しやすいと言われています。今回は、そんな夏のお疲れ肌の調子を整える食材をご紹介します。

■1:緑黄色野菜

緑黄色野菜にはβ‐カロチンが多く含まれ、抗酸化作用が期待できるので、紫外線を浴びてダメージを受けた肌にぜひ摂りたい野菜類です。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、肌のハリ、シワ、そばかす、赤み対策に毎食いただきましょう。

今の時期に食べられる緑黄色野菜といえば、アスパラガス、モロヘイヤ、インゲンマメ、カボチャ、パプリカ、ホウレンソウ、トマトなどがあります。

■2:梨

暑いときに乾燥しがちな肌を潤わせてくれるのが、梨。目の乾きやのどにもよいとされます。

熱のこもった身体を鎮静させ、食物繊維も豊富で腸をキレイにして透明感のある美肌に導いてくれます。

■3:しじみ

肝臓によい食材のしじみは、二日酔いだけでなく美肌にも嬉しい食材。アミノ酸の一種であるオルニチンを、他の食材では類をみないほど豊富に含みます。

肝機能を整えてくれるので、肌の新陳代謝を高め、肌コラーゲンの生成をアップします。シミ・そばかすの予防、肌にツヤやハリをもたらします。

疲れた時、しじみのお味噌汁はいかがですか。

■4:ハト麦

昔から肌によい食材として知られていたハト麦。化粧品の原料としてもよく使われますが、たんぱく質、カルシウムなど栄養豊富で美白効果があるとされています。新陳代謝を高めるので、美肌維持によいのはよく知られています。

ご飯に混ぜたり、サラダ、お茶にしても摂取できます。長期的に摂取するにはお茶として飲むのがよいかもしれません。

■5:鰹(かつお)

初秋の脂がのった戻り鰹は、現代人が不足しがちなオメガ3脂肪酸のDPA(ドコサペンタエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

皮膚の機能を強化、抗炎症作用があるので、乾燥やニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。さらに、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用もあり、夏の疲れでホルモンのバランスが崩れやすくなる時期にも嬉しい食材です。

「シミやそばかすが増えた」と感じたら、夏のダメージが蓄積されている証拠。滋養強壮して内側から肌をリカバリーさせましょう。

【関連記事】

えっ…朝食は摂らないほうがイイ?医師が「朝だけ断食」を勧める理由