効率よく学ぶための「英語学習法」10選

写真拡大

今の時代、日本人だって英語が話せないと…と思いますよね。グローバル化といわれる時代、英語が話せると世界もうんと広がります。仕事でも英語が話せるかどうかによって、任される仕事も変わるのではないでしょうか。でも、大人になってから英語を学ぶのって大変ですよね。仕事をしながらだと勉強できる時間も限られてしまいますし、思うように英語が習得できなくてもどかしくなります。どうやったら効率よく学べるかな…と悩んでいる人に、試してほしい英語学習法をご紹介します。

■ 学ぶ心構えを持つ

英語を学ぶとなったら、学ぶ心構えを持つところから始めましょう。英語を学びたいなと思っていても、漠然としていては前に進みません。何のために英語を学ぶのか、どうやって英語を学ぶのか…自分の考えをしっかりと持つことによって、英語に対する意識が変わっていきます。何かを始めるのは勇気がいりますし、大人になっていればなおさら、新しいことを始めるのに躊躇してしまう気持ちもわかります。まずは英語を学ぶという心構えを持って取り組んでくださいね。

■ 自分のレベルを知る

英語を学ぶ前に、知っておかなくてはいけないのが自分のレベルを知ることです。学生時代に少しだけ英語は習ったことがあるという人でも、大人になればそれも忘れている可能性があります。今自分が英語に対してどれぐらいのレベルかを知るのも、英語を学習する前の基本です。レベルによって、どんな勉強をするべきかが変わってきます。

■ 学ぶ期間に制限を設けよう

英語を学ぶ目的や心構え、自分のレベルがわかったら、次に考えておきたいのが学ぶ期限です。ある程度学び始めてから決めてもいいのですが、期限を設けずに勉強し続けるのはおすすめできません。今は忙しいからまた今度…と期間を伸ばせば伸ばすほど、英語は習得しづらくなります。間が空いてしまうと学んだ内容を忘れていて、また復習から…となってしまいます。そうなると時間ばかりかかるので、勉強する気がなくなって、最終的に諦めるという最悪の結果になってしまうことも。学ぶ期限を設ければ、その期限までに頑張ろうという気持ちになります。自分を追いつめて、心の奥に隠された力を引き出しましょう。

■ 英語の学習法10選!

◎ 英会話教室に通う

英会話教室に通う…この方法は、当たり前といえば当たり前ですよね。ここで大事なのは、自分のレベルに合わせた英会話教室に通うことです。英会話教室は、グループレッスンかマンツーマンレッスン、2種類の学び方が用意されていることが多いです。グループレッスンなら費用も安いですし、他の人と切磋琢磨しながら英語が学べるというメリットがありますが、マンツーマンレッスンは自分のペースに合わせてレッスンしてもらえる、というメリットがあります。どちらにするかは自分次第、ですね。英会話教室といってもたくさんありますから、知名度や授業内容、費用などを総合的に判断しましょう。

◎ 大学のセミナーを利用する

日本の大学では、社会人向けにセミナーが開講されていることが多いです。春や秋など区切りのいい時期に開講されており、何回かに分けてステップアップしながら学べます。英会話教室と似ているのですが、特徴は費用がとても安いことですね。英会話教室に通おうと思うと、レベルにもよりますが習得できるまで数十万円とお金がかかります。しかし大学のセミナーであれば、数万円で十数回の講座が受けられるようになっているので、お得ですよね。グループレッスンにはなりますが、目的やレベルに合わせた講座が選べます。

◎ インターネットで動画を見る

英会話教室に通う時間はないし、お金をできるだけかけたくない…という人には、インターネットの動画をおすすめします。英語レッスンの動画をアップしてくれている人も多く、無料でいろいろな動画を見ながら学べます。自分で時間を作って学べる自信がある人にはぴったりです。通う手間もお金もかかりませんね。最近はインターネットを介したオンライン英会話レッスンも人気です。英会話教室に通うよりも手軽なので、多くの人が利用しています。

◎ 英語の漫画を読む

視覚からも英語を取り入れるために、英語の漫画を読んでみましょう。漫画は絵もあるので、英語がわからなくても何となくストーリーがわかりますし、比較的簡単な英語が使われているので理解しやすいです。楽しみながら学びたい、という人にはぴったりではないでしょうか。

◎ 英語の新聞を読む

英語の漫画が読めるようになったら、英語の新聞に切り替えてみましょう。漫画よりも難しい英単語や文法が使われているので、一気に難しくなったような気がしますが、漫画を読んでいたことで「英語を読む」という感覚が身についています。難しい単語は調べてその都度わかるようにしていけばいいので、漫画から新聞へとレベルアップさせていきましょう。日本の新聞を読んでいるだけよりも、世界の新聞に視野を広げて情報収集ができて、仕事にも役立ちますね。

◎ 海外ドラマを見る

海外ドラマも、英会話を学ぶためには最適な材料です。人と人の会話を実際に知れるので、英語ではどんな会話が繰り広げられているか、をチェックできます。リアルな会話を知るなら、海外ドラマが一番ですね。あまり現実的ではないストーリーのものよりも、ホームコメディのような日常的な雰囲気の溢れる海外ドラマの方が参考になりますね。

◎ スマートフォンの設定を英語にする

スマートフォンを使っている人は、設定を日本語から英語に変えてみましょう。最初は戸惑うかもしれませんが、機能はアイコンで表示されているので、不自由に感じることはありません。普段からよく使うスマートフォンが英語になれば、英語を見る機会も読む機会も増えます。

◎ 本場を感じるために旅行に行く

日本で学べるだけ学んで、自信満々で現地にいっても、相手が何を話しているか全然理解できなかった…と感じる人は多いです。時間を見つけて、旅行に行って現地の英語に触れてみましょう。英語を学んでいる人は刺激にもなりますし、もっと頑張ろうと学ぶモチベーションを高めることもできます。

◎ 英語が話せる友達を作る

英語が話せる友達に頼んで、英語で会話してもらいましょう。できれば外国人の友達だといいですね。日常生活ではどんな英語が使われているか、しっかりと学ぶいい機会です。実際に自分が会話をすることになるので、こういう場合はどういう英語を使えばいいのか…しっかりと頭で考えながら英語を学べるでしょう。ここで気を付けたいのが、接するときは常に英語で話してもらうことです。友達だと甘えて日本語で…なんて言いたくなりますが、ここは自分のためにも、英語だけを使ってもらいましょう。わからないなら何度でも聞いて、ちゃんと英語で返事をしてくださいね。普通の会話だと相手もしびれを切らせてしまいますが、友達なら英語上達の為に力を貸してくれるはずです。

◎ 思い切って短期留学

社会人になると留学もしづらくなるものですが、思い切って短期留学をしてしまうのも一つの手です。やはり現地で暮らしてみると、英語を使わざるを得ない環境になりますので、上達は早いです。日常生活が丸ごと英語になるので、その分身体の中に英語が入り込みやすくなるでしょう。最近はリゾート感覚でできる短期留学も人気です。

■ 英語学習は、やる気と方法さえあれば、誰でも習得できる

英語って難しいし…今まで習ってこなかったし…と学びたいと思っても、なかなか一歩が踏み出せない人は多いものです。でも、英語はやる気があって、自分が学びやすい方法さえ見つかれば、ちゃんと習得できます。まずはやる気を持ち、自分に合う学習法を探してみましょう。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)