スマホ初心者のシニアでも使いやすさをとことん追求

写真拡大

ソフトバンクは、シャープ製のシニア向けスマートフォン(スマホ)「シンプルスマホ3」を2016年9月上旬に発売するのに先だち、9月2日から予約受付を始める。

約5型HD(1280×720ドット)IGZO液晶ディスプレイを搭載。シンプルなホーム画面や大きくなったメニュー画面など、従来モデルより画面が見やすくなった。1部分を簡単に拡大表示できる「かんたんズーム」や、よく連絡する相手を最大4人まで登録、ワンタッチで連絡できる「楽ともリンク」、本体を手に持つだけで画面が点灯する機能など、初心者でも簡単な使いやすさを追求したという。

容量2810mAhバッテリーと省電力に優れたIGZO液晶により、3日間を超えて利用が可能なほか、電池残量が少なくなった際に動作や機能を一部制限し、より長時間利用できる「長エネスイッチ」などの機能を備える。

背面のスイッチを入れると、ブザー音とともに、あらかじめ登録しておいた緊急連絡先に自動で電話を発信、現在地の位置情報をメール送信する「緊急ブザー」を搭載する。コミュニケーションアプリ「LINE」や「Yahoo!地図」などをプレインストール。

OSは「Android 6.0」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GB。MicroSDXCメモリーカード(最大200GB)。約1310万画素カメラを装備。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵性能に対応する。

カラーはライラックシルバー、ブラック、ピンクの3色。