画像

写真拡大 (全2枚)

 NRIデジタルは、次世代のオムニチャネル・マーケティングのモデル構築を目的とした「オムニチャネル研究会」を発足。アドバイザーにはオイシックスの奥谷孝司氏が就任した。

 NRIデジタルは8月31日、デジタル社会における革新的なサービスやビジネスモデルを探索する「オムニチャネル研究会」を発足した。

 発足にあたっては、日本マーケティング学会常任理事でもあり、オイシックスでCOCO(Chief Omni-Channel Officer)を務める奥谷孝司氏のアドバイスのもと、先進企業のマーケティングリーダーと学術研究者の融合により、デジタル変革によるマーケティングのあるべき姿について議論を深めていく。

 研究会では、次世代のオムニチャネル・マーケティングのモデルを構築することを目的に、産学連携での研究活動を進める。2016年度は、オムニチャネル先進企業の取り組みケースから、オムニチャネル・マーケティングで実現できること、成果を高めるポイントを整理し、モデル作りの基礎情報を抽出する。また今後、本活動の成果は段階的に対外発表していく予定だ。

MarkeZine編集部[著]