染色体の影響で女性は赤が良く見える(PublicDomainPictures/pixabay)

写真拡大

 男性も女性も、偉業を成し遂げられる能力とその可能性を秘めているのは確かです。でも、女性のほうが男性よりも少し有利な能力をもっていることが、科学的な調べでわかりました。下記に7つの例をまとめました。

1.赤がよく見える

 女性は、男性よりよく赤が見えます。これには染色体が関係しています。

 X染色体は赤を認識する能力に長けています。そしてX染色体は女性は2つ、男性は1つであることから、女性は赤のバリエーションや、赤とほかの色の組み合わせを良く見分けられるのです。

2.自己陶酔(ナルシスト)を食い止める

 最近の研究では、過度な自己愛による人格障害・ナルシストを作る「対人機能障害」は、女性には起こりにくいことがわかりました。ナルシストは権力と地位を強く求めます。

3.火星の探索

 2014年、NASA火星試験参加者ケイト・グリーンは、火星探査への飛行任務には、全員女性が行ったほうがよいと提案しました。なぜならカロリー消費量の少ない女性は、男性ほど食料をもっていかなくてすむからです。

マルチタスクをこなせるのは女性の特徴(StartupStockPhotos/Pixabay)

4.投資能力

バークレイズ・ウェルスとレッドバリー英市場調査会社によると、女性はリスクの高い商品を買わないため、長期的にみるとより高い利益を生む傾向にあります。

5.マルチタスクをこなす

いくつかのタスクを同時にこなし、組織に良い結果をもたらすことができるのは、女性の特徴だとされています。

6.苦痛に耐える

研究チームは、男性と女性はそれぞれ氷水に手を沈ませ、どれぐらいの時間耐えられるかを実験しました。結果、女性は男性より長い時間耐えることができました。

7.IQテストで高い点数

100年以上の歴史あるIQテストの記録から、女性の点数は男性よりも早いペースで上昇していて、じきに男性を抜く予定です。

(翻訳編集・佐渡 道世)