中国では2008年にメラミンが混入した粉ミルクが流通し、乳幼児が腎結石などの健康被害を受ける事件が発生した。同事件は中国社会を揺るがす大問題となり、日本でも大きな関心を集めた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では2008年にメラミンが混入した粉ミルクが流通し、乳幼児が腎結石などの健康被害を受ける事件が発生した。同事件は中国社会を揺るがす大問題となり、日本でも大きな関心を集めた。

 中国ではメラミン混入事件によって中国企業の製品は信頼できないという認識が強まり、結果として日本企業などのベビー用品の人気が高まった。特に日本メーカーの紙おむつは今でも大人気であり、日本で買い付けられた紙おむつは「品質が高い」という評価が広まり、ネット上で高額で売買されている。

 花王の幼児向け紙おむつ「メリーズ」は、中国で絶大なる人気を獲得しているが、中国メディアの東方網はこのほど、同じメリーズであっても日本で生産され、日本向けに販売される製品のほうが人気であることを紹介する記事を掲載。中国の消費者たちが同じメリーズであっても日本で販売されている製品という点に大きな安心感を覚えていることを伝えている。

 記事は、花王のメリーズについて「個人輸入で紙おむつを購入している中国人消費者にとって大人気のブランド」であると伝え、日本国内向けの製品のほか、台湾向け、中国向けなどがあることを紹介。なかでも日本国内で販売されるメリーズであれば、品質面の問題を不安に感じる必要はないとの認識のもと、日本向けのメリーズが圧倒的な人気となっていることを伝えた。

 メリーズは中国国内でも生産されている。なぜ記事は、日本向けに販売される製品のほうが人気だと伝えているのだろうか。その背景には、中国の消費者の産地へのこだわりがあるのかもしれない。中国の消費者は日本で生産され、日本で販売されている製品なら「問題があるはずがない」として、大きな信頼感を抱いているのであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)