戦後まもない時代に
ものづくりに励んだ4人の女性たちの軌跡
「ファミリアの軌跡展」

2016.09.01


ファミリアは、創業者のひとり坂野惇子がヒロインモデルの連続テレビ小説「べっぴんさん」の今秋放映を期して、2016年9月21日(水)よりファミリア銀座本店1Fイベントスペース「CUBiEキュービー」および、神戸元町本店にて、ファミリア創業から現代を振り返る「ファミリアの軌跡展」を開催する。

ファミリアは1950年に神戸で創立、坂野惇子・田村光子・田村江つ子・村井ミヨ子の4人の女性たちが「子どものためにより良いものを」という情熱に燃えて、わずか3坪の小さなお店からスタート。「あかちゃんと子どものために」を一番に考えてきたファミリアは、常にこだわったものづくりに邁進してきた。ファミリアでは現在も4人の女性創業者が残した精神を受け継ぎ、「愛情品質」をコンセプトに変わらぬ愛情と品質への絶対の自信を持ち、上質な素材を用いて“丁寧なものづくり”をするという妥協のない姿勢で商品を作り続けている。

(Text: TPDL)

『ファミリアの軌跡展』
開催店舗:ファミリア銀座本店1Fイベントスペース「CUBiEキュービー」、ファミリア神戸元町本店
開催期間:2016年9月21日(水)〜2017年4月3日(月)
https://www.familiar.co.jp/news/f_kiseki.html
※開催会場は随時追加予定です。開催期間・内容は会場によって異なります。

外部サイト