【日本初公開】新設計エンジンを搭載したアストンマーティンDB11登場

写真拡大 (全17枚)

貝殻開きをするボンネットと内装に注目

アストンマーティンDB11が2016年8月31日に東京千代田区で初公開された。特徴は拡大されたフロントグリル、貝殻開き(車体後部側から開く構造)をするアルミ一体構造のボンネットと空力を意識した美しいデザインである。価格は154,900ポンド(1ポンド:135.5円換算 約2098万円)。

新たに登場したDB11は、アストンマーティンの伝統的なフォルムを引き継ぎつつ、DBシリーズ史上最強・最速のモデルとなる。フロントに搭載される新設計のV12ツインターボエンジンからは608馬力/700N・mを発揮。

その新開発エンジンを活かすため、シャーシ、サスペンション、ステアリングなどが追求された。ミッションはZF製の8速オートマチックトランスミッションを搭載し0-100km/hの加速は3.9秒、最高速度322km/hを達成している。

高速安定性を求めリヤクオーターガラスからリヤエンドに空気を流すダクトを設け、ウイングがなくてもダウンフォースを得られる。美しいデザインを失うことなく、効率的で効果的なパフォーマンスを発揮する事が可能だ。

アストンマーティン初となるデジタルメーターパネルを採用したDB11。内装にはブローディングと呼ばれる、本来は革靴に使われる技術をインテリアレザーに取り入れた。ダッシュボード中央には、8インチ・セカンダリーTFTディスプレイをレイアウトし、ナビゲーションからオーディオまでタッチパッドでコントロールすることが可能だ。

また、会場には1931年式アストンマーティン・インターナショナル1.5リッター ル・マンとアストンマーティンDB5が展示され、脈々と続くアストンマーティンの歴史を改めて感じさせてくれた。