2016年8月25日の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)。東京、大阪出身のウォッチャーコンビが、今回の番組で気になったところをそれぞれチェックする。

鶏飯(Taiyo FUJIIさん撮影、flickrより)

ふたりが気になったのは、鹿児島・奄美大島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」。お茶漬け風にサラサラ食べる様子を見て、「おいしそう」「食べてみたい」と興味津々だ。

東京の視点→「東京でも材料そろうけど...」

今回の鹿児島(奄美大島)の鶏飯、おいしそうだった。東京って割と汁かけごはんを下品っていう感じがあるから、こういうのをみんなが普通に大好きって言えるのうらやましかったな。具材も青パパイヤとか、南国風のお漬物がいいなって感じ。

普通パパイヤっていうと果物をイメージするけど、都内のデパ地下とか成城石井とかなら売っているから、他県からの出演者でもすぐコメントできたんだろうな。蜜柑の皮も七味唐辛子なんかに入っているし、これも何とかそろいそう。でも都内であの元気な鶏を買うとなったらた高いだろうな。

東京は何でもそろって便利だけど、それはお金を払って誰かが育ててくれたものにお金を出すからそろうんだよね。地元で当たり前にあるものを食すからさらにおいしいんだろうな。(けいちゃんさん・東京出身)

大阪の目線→「まったく味の想像つかない」

奄美大島のソウルフード鶏飯!私の今まで食べきた鶏飯とは全く違うもので驚いた。全部出来上がった状態で出てくるんじゃなくて、御飯と具材とだし汁を自分好みに乗せていって食べるやなんて。

しかも具材にあるパパイアの漬物とタンカンの皮って食べたことない。というか甘い物も乗せるってことは、鶏飯の味そのものも私の思ってる鶏飯とは違うってことだよね、と驚いた。

奄美大島のファミリーマートでは鶏飯が売られてるらしいけど、大阪でも販売してくれへんかな。いやきっと全国で販売しても売れると思うわ。絶対みんな一度は本場ものを食べたいと思うやろうし。もちろんパパイアの漬物付きで。全く味の想像がつかないからほんま食べてみたいわ。(残暑はいつまで続きますかさん・大阪出身)

東京の視点×大阪の目線東京と大阪、2人のウォッチャーが、東西それぞれの目で同じテーマをウォッチ。
東京人の「視点」と大阪人の「目線」、あなたが共感できるのはどっち?