飲む・食べる、毎日のことを美しく。「Manual」によるコーヒーメーカー

写真拡大 (全11枚)

「食べる」「飲む」行為を大切にするデザインスタジオManualが作る、コーヒーメーカーとティーメーカーをご紹介します。

仕組み自体はシンプルですが、無駄のないフォルムとガラスの美しさに、心を奪われるプロダクトです。




「Manual Coffeemaker」は、本体が耐熱ガラスで、土台が竹のコーヒーメーカー。

今年12初旬から配送開始の新作であるNo.2は、No.1よりさらに50%ガラスを薄くして、より研ぎ澄まされたデザインに。






ペーパーフィルターを使って、ゆっくりお湯を回し入れます。

食事の上で視覚は、五感の中でも、とても大切。ガラスを通して見えるポタポタと落ちるコーヒーに、気持ちがキリッと整いそうです。





「Manual Tee Maker No.1」は、湯の中でユラユラ揺れる茶葉が美しいティーメーカー。

このユラユラが、お気に入りのお茶をじっくりといただく幸せを、さらに引き出してくれます。



蓋をして、少し蒸らしたら、茶碗に注ぎます。

淹れる様子も素敵です。







ブランド名の通り、手での操作をあえて楽しむManual。

もちろん少し時間はかかりますが、一杯ずつを丁寧でスローに楽しむ時間が、一日をちょっといいものにしてくれる気がします。

Manual Coffeemaker [Manual]
Manual Tea Maker No.1 [Manual]